日刊大衆TOP 芸能

「さんまのお笑い向上委員会」豪華出演陣なのに少しも笑えない!?

「さんまのお笑い向上委員会」豪華出演陣なのに少しも笑えない!?

『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)の評価が賛否両論だ。この番組は、明石家さんま(60)をはじめとしたお笑い向上委員会メンバーたちが、毎回、ゲストのお笑い芸人にクレームをつける形で、芸の向上を図るというのが一応のテーマ。もともとは『FNS27時間テレビ』内の1コーナーで、この4月から本格的にレギュラー化したものだ。

土曜日のゴールデン・プライム枠での放映ではあるが、今田耕司(49)、太田光(50)、ホリケン(45)、土田晃之(43)などなど、とにかく出演陣が豪華である。また、コンビの芸人でもピンで出ることが多く、いつものストッパーがいないぶん、太田光やホリケンといった破天荒キャラの暴走が見られる「お楽しみ」もある。(太田はギャラの折り合いがつかず3回目以降出演していない)

出演者は全員芸人。しかも司会はお笑い怪獣の明石家さんまだ。逃げ場なしのお笑い格闘技的な緊張感があり、「とにかく笑わせよう」という現場の熱気は伝わってくる。では、なにが批判を受けているのか? ただただうるさいのである。

まず、ゲストであるお笑い芸人が登場するまでが異常に長くフリートークや小芝居が延々と続き、それだけで見ているほうは萎えてしてしまう。勢いに任せているといえば聞こえはいいが、悪い意味での「やりたい放題」。さすがにこれでは内容がなさ過ぎると考えてか、放送8回目から冒頭に出演メンバーによるミニドラマが挿入されるようになったが、これがまたサムく、内輪ウケ感をますます濃厚にしてしまった。まぁ、内輪ウケはフジテレビのお家芸だけに、仕方ないのかもしれないが。

次ページ >> 「さんまのお笑い向上委員会」豪華出演陣なのに少しも笑えない!?

「さんまのお笑い向上委員会」豪華出演陣なのに少しも笑えない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.