日刊大衆TOP 芸能

ぽっちゃり芸能美女15人「ムンムンフェロモン選手権」 vol.1

[週刊大衆10月28日号]

最近、巷では、ぽっちゃり女子が大人気!
女性誌では「モテぽちゃ」「ぽちゃ美人」といった特集が組まれ、誰もが知るファッション誌『CanCam』(小学館)では「全国ぷに子オーディション」を開催するなど、その魅力が改めて見直されているのだ。

というよりも、そもそも日本では平安時代より江戸、明治期まで"美女はぽっちゃり"という"掟"があった。つまり、現代の我々男性陣がぽっちゃりを欲するのは、まさに本能と言うべきものなのだ!

というわけで、さっそく芸能界のぽっちゃり美女のフェロモン具合を品定めしてみよう。
真のぽっちゃり美女はもちろん、痩せていながらも世間が勝手に"ぽちゃ感イメージ"を持っている芸能美女まで含めて、発表していこう!

混戦必至の「ぽちゃ美女選手権」にあってトップを走るのは、芸能界ナンバーワンの完熟フェロモンの持ち主である鈴木京香だ。
TV美女研究家の八木晶王氏に、その具合を鑑定してもらおう。
「いまの彼女には、熟れきって、落ちる直前の果実のような豊潤さがありますね。あるいは、みっしりとサシの入った極上の霜降り肉と言ってもいい」

なるほど、さすが1位となれば特上ランクということか。
「完璧な肉体美を追求しがちな欧米人には理解できないでしょうが、ぽっちゃり美女を愛でる感性は、わび、さびと並ぶ日本の文化と言うべきです」(前同)

スゴいぞ、鈴木京香!
彼女こそ、日本を代表する国宝級ぽちゃ美人だ!
若い頃はカネボウ水着のキャンギャル(1988年)として、えげつないまでの角度のハイレグで豊満ボディを披露していたこともある彼女。
四十路になって、二の腕や腰回りにほどよい肉がつき、それがニッポン男児にはたまらんのです!
「彼女は現在、ドラマと映画両方の『セカンドバージン』で共演した長谷川博己と同棲中。結婚秒読みという噂です」(芸能記者)

ムムム! あの美熟フェロモンの豊潤さは、9歳年下の男のエキスを吸い取ることで醸成されている!?

そんな絶対女王の鈴木だが、その座を奪うべく殴り込みをかける女子アナがいる! 現在、人気急上昇中の日本テレビのミトちゃんこと、水卜麻美アナだ。
レギュラーを務める『ヒルナンデス!』では、グルメ、ファッション、エクササイズなど様々な企画に全力投球。
異常なほど(!?)の大食いキャラも定着し、全国区の人気者になった彼女を、エッセイストの下関マグロ氏も高く評価する。
「いまや、ミトちゃんは日本を代表するぽっちゃり美女と言っていいでしょう。食レポの食べっぷりも見事だし、いつもニコニコしているのもいい。しかも彼女は色白なので、ぽっちゃりした体がすごく肉感的に見えるんですよね」

そんな彼女が、昨年は東京マラソンを完走。
ぽっちゃり体型に揺れるおっぱいが忘れられない!

一昨年の12月に、お笑い芸人の東貴博と結婚した安めぐみも、ぽっちゃり美女を代表する一人だ。
下関氏は安を「もうムンムン、ムレムレって感じですね。プニュッとしたお腹の肉は豊乳とともに安めぐみの代名詞」と絶賛する一方で、こんな妄想をする。
「おそらく人妻になって、下っ腹にますます肉がついたはず。個人的には、彼女を椅子に座らせて横から見たときに、乳首よりも下腹が前に出ていれば理想なんですけどね」

かつて「お嫁さんにしたい芸能人」ナンバーワンに輝いたこともある安だが、いまや人妻。その"たれ腹癒しボディ"を想像するとはケシカラン!

結婚には至らないものの、"恋多き女"深田恭子も、そのダイナマイトボディから、ぽっちゃり美女のイメージが強い。
「顔は小さく、体はスレンダーになったのに、豊満な胸は昔のままというのが、なんともエロい! 30歳になって白ビキニを披露しても、まったく違和感がないのは深キョンくらいでしょう。男を食いまくっても汚れた感じにならず、透明感を維持しているのはさすがです」(八木氏)

AKB48のこじはること、小嶋陽菜もムチムチボディの持ち主、というイメージが先行している。
下着通販『ピーチジョン』のCMで、セクシーながらも、ちょいプニの肉感的なランジェリー姿を披露したことが一因のようだ。
「彼女は、ドラマでパンチラを披露しても、あっけらかんとしています。水着や下着になることにあまり抵抗がないようで、それだけプロフェッショナルなんですよ」(テレビ誌記者)

前出・下関氏も、「こじはるの魅力は、あのムチムチ感。次に下着のCMに出るときは、ぜひ手ブラショットを見せてほしいですね」と彼女にエールを送るが、本誌も"ムチムチ手ブラ"を期待していますよ!

10月22日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.