日刊大衆TOP 社会

反日ムードが一変?中国韓国「日本たかり」舞台ウラ

[週刊大衆10月19日号]

反日ムードが一変?中国韓国「日本たかり」舞台ウラ

世界に冠たる"反日"を掲げる両国が突如豹変。面妖極まる変節の背後にはドス黒い皮算用が見え隠れしていた!!

その時、首相に同行していたスタッフは、驚きの色を隠さなかったという。反日至上主義で鳴る"氷の女王"朴槿恵(パククネ)韓国大統領が、安倍晋三首相に微笑んでみせたのだ。

"事件"は9月27日午後、ニューヨークの国連本部で起きた。各国首脳が揃っての昼食会の前、控室で安倍首相が朴大統領に話しかけると、大統領が「ソウルでお会いできることを楽しみにしています。カムサハムニダ(韓国語で"ありがとう")」と微笑みながら返してきたのだ。

「この"事件"は、日本はもちろん、米紙、中国紙でも報じられました。ただ、韓国のメディアは両者の接触は認めましたが、朴大統領が"微笑んだ"の表現は皆無。これは、韓国政府側の要請を汲んだものだと考えられます」(在ソウル通信社記者)

国民の手前、表面上は"反日"を崩すことはできない朴大統領だが、これまで批判を繰り返してきた宿敵の安倍首相と談笑。これは何を意味しているのだろうか。
「来(きた)る10月31日、ソウルでの開催が予定されている日中韓3か国首脳会談を、朴大統領はどうしても成功させる必要があるからです。ホスト国として同会談を成功させ、朴政権離れが進む国内世論を一気に味方につけようとの思惑が見え隠れしています」(前同)

この日中韓首脳会談は、08年に日本で第1回を開催して以降、3か国が順番にホストを務める形で毎年開催されてきた。ただ、13年に尖閣諸島をめぐる日中の角逐(かくちく)が表面化して以降、現在まで開催されることはなかった。
「3年ぶりの開催となったのは、中韓両国の国内事情が深く関係しています。現在、両国の経済は壊滅的状態にあり、日本の助けがなければ国家として成り立たないところまで追い込まれているんです。両国とも、どうしても日本取り込み(=カネの無心)を図らざるをえなくなったんです」(外務省関係者)

なんのことはない。貧すれば何とやらで、強固な反日タッグを誇っていた朴大統領と中国の習近平国家主席は、日本に膝を折らざるをえなくなったというのだ。

それにしても、中韓両国の現状は悲惨のひと言だ。
まずは、中国。同国事情に精通する評論家の宮崎正弘氏が言う。
「今夏、上海市場の乱高下で中国経済の失速が誰の目にも明らかになりました。輸出が落ち込んでいるうえに、国内景気もパッとしません。経済への波及効果の高い自動車の売り上げも10%減と、かつてないほどに落ち込んでいます」中国自動車工業協会が8月11日に発表した数字によると、7月における全国の自動車生産台数は前年同月比で11%減。前月比では、なんと18%もの地滑り的落ち込みを見せたのだ。

次ページ >> 反日ムードが一変?中国韓国「日本たかり」舞台ウラ

反日ムードが一変?中国韓国「日本たかり」舞台ウラ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.