日刊大衆TOP 芸能

おぎやはぎ、水沢アリーへの暴言を責められるも「顔がキン肉マンみたい」と反省の色なし

おぎやはぎ、水沢アリーへの暴言を責められるも「顔がキン肉マンみたい」と反省の色なし

10月3日放送の『ゴッドタン』におぎやはぎの2人が出演。矢作兼(44)と小木博明(44)が過去の炎上について語った。

普段からラジオで歯に衣着せぬ発言をすることで知られるおぎやはぎの2人。そのため、いままでに何度か炎上してしまったことがある。

矢作は「今の時代、全部SNSで記事になっちゃうんですよ。みんなやってるでしょ?ツイッターとか。だから本人の耳に入っちゃうわけ。楽屋とかにいると、共演した水沢アリー(25)とかが『コンコン』って挨拶しに来るじゃない。『今日宜しくお願いします』って言った時に『ラジオで悪口言ったでしょう!』って必ず言われる。misono(30)に会った時も(『ラジオで悪口言ったでしょ?』と)言われたし」

と、自らの発言がネット上で拡散されることに不満を述べていた。

しかし、劇団ひとり(38)が「ちなみに何言ったの?」と問うと、矢作は「『水沢アリーは顔がキン肉マンみたい』って(言った)」と語り、発言自体については全く反省していない様子であった。

おぎやはぎ、水沢アリーへの暴言を責められるも「顔がキン肉マンみたい」と反省の色なし

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.