日刊大衆TOP 芸能

ぽっちゃり芸能美女15人「ムンムンフェロモン選手権」 vol.3

[週刊大衆10月28日号]

往年の美人女優・松坂慶子も、近年はめっきりふくよかな体型になってきた。
「若い頃から美乳、デカ尻のグラマー体型でしたが、最近は肉厚ボディの気のいいオバチャン。それでも色っぽいから、さすがです」(夕刊紙記者)

NHKの朝ドラ『あまちゃん』で再ブレークした小泉今日子と薬師丸ひろ子は、典型的な"ややぽちゃ"美熟女と言えるだろう。
オバチャン体型さえ魅力的に感じさせてしまうキョンキョンの"女子力"は、そら怖ろしいほどだ。
「明らかに下っ腹が太くなったキョンキョンは、きっとパンティのゴムがお腹に食い込んで痒くなり、ポリポリ掻いたりしてるんでしょうね(笑)。でも、キョンキョンなら、それが許されるんですよ」(下関氏)

一方、お笑いタレントの渡辺直美、柳原可奈子クラスになると、ぽっちゃりというよりデブ専か(失礼!)。
「渡辺のバストは現在125センチ、ヒップは130センチと言われてますからね。自ら肉食女子と公言する彼女に、ぜひIカップ超絶パイズリをお願いしたいですね(笑)」(八木氏)

写真誌でセミヌードを披露し、自伝『ハダカの美奈子』がベストセラーになったビッグマミィこと、タレントの美奈子も、ぽっちゃりボディの持ち主だ。
とても子供を6人出産したとは思えないボディラインを維持する彼女の魅力を、元夫のビッグダディこと林下清志氏が分析する。
「美奈は肉感的でソソるものがある。世間では童顔で乳がデカい女に人気があるようだけど、美奈はパーツ、パーツが生々しいというか、生活感を感じさせるからね。それがいいのかな」

いま、時代の風は、ぽっちゃり美女に向かって吹き始めている!

10月24日公開のvol.4に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.