日刊大衆TOP コラム

不動産物件「駅から徒歩○分」実際は何メートル?

[週刊大衆10月19日号]

不動産物件「駅から徒歩○分」実際は何メートル?

不動産の物件情報でよく見る文言に「駅から徒歩○分」があります。

これは駅(物件に最も近い駅の出口)から、1分間に80メートルの速さで歩いたときにかかる時間を表しています。「徒歩5分」なら80×5で400メートルですが、端数はすべて切り上げられますから、正確には321~400メートル。401メートルからは徒歩6分になります。

分速80メートルは不動産業界の自主ルールで、「健康な女性がヒールが高いサンダルを履いて歩いたときの平均速度」だとか。しかし、平たんな道を普通に歩くと分速65メートル程度ともいわれていますから、80メートルはやや早足でしょう。
それに信号や踏切での待ち時間、坂道などは考慮されていません。実際の所要時間は、自分の足で歩いてみないと分からないのが実情です。

一方、車を運転中によく見る「○○まで何キロ」という表示は、一般的に、その場所の市町村役所までの距離になっています。ただし、例外もあります。たとえば、東京は都庁が基準ではありません。さて「東京まで○キロ」という場合、東京のどこまでの距離を示している?

(1)皇室
(2)国会議事堂
(3)日本橋


答えはココを押す! 答え :(3)


出題:浜川卓也

不動産物件「駅から徒歩○分」実際は何メートル?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.