日刊大衆TOP コラム

なぜヨーロッパの国旗には「三色旗」が多いのか?

[週刊大衆10月19日号]

なぜヨーロッパの国旗には「三色旗」が多いのか?

日本に日の丸があるように、世界の国々はそれぞれ独自の国旗を制定しています。国旗のデザインは国によって違いますが、パターンとして多いのは三色旗。特にヨーロッパでこのタイプが多くドイツとベルギー、イタリアとハンガリーなど、つい見間違えてしまいそうな旗もあります。

なぜ、ヨーロッパには三色旗が多いのでしょうか。

理由は、ある国の影響を強く受けたからだそうです。
16世紀に初めて三色旗を採用したその国は当時、世界有数の先進国で、ヨーロッパのリーダー的存在でした。他の国がリーダーの旗を参考にして国旗を決めたため、似通ったものが多くなったといわれています。

さて、ヨーロッパに三色旗を広めた国とは?

(1)オランダ
(2)フランス
(3)ドイツ


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

なぜヨーロッパの国旗には「三色旗」が多いのか?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.