日刊大衆TOP 芸能

秋元康の「石原プロ次世代スター発掘」で無かったことにされるアノ人はどうなる?

秋元康の「石原プロ次世代スター発掘」で無かったことにされるアノ人はどうなる?

石原プロモーション(以下、石原プロ)が、新人オーディション「石原裕次郎 生誕80周年記念 次世代スター発掘オーディション」を開催する。そのグランプリ受賞者の音楽プロデュースを、秋元康(57)が手掛けることが、8日に発表された。

全国約200のケーブルテレビ局と組み、15年ぶりに開催する石原プロの新人オーディション。事の発端は、渡哲也(73)と秋元が約30年前にNHK特番で共演した際に、番組内で「俳優にとって何が必要か」の答えが「存在感」で一致したという出来事。渡は当時を振り返り、「とても共感しました。その時からまたご一緒したいと思っておりました」と語った。

石原プロには、渡、舘ひろし(65)、神田正輝(64)など、重厚な実績のある面々がいるが、現在、リハビリ中の渡は、AKB48グループなどでヒットを連発する秋元に「秋元さんの運を引っ張って、カラオケで広く歌ってもらえるような、ヒット曲を作ってほしい」とかなりの期待を寄せているようだ。

しかし世間からは、秋元プロデュースに対しての期待の声が上がるかと思いきや、「徳重はどうなるの?」「徳重聡なんとかしてからやれよ」「徳重はなかったことになってるのか」「徳重可哀相だな」など、徳重に対しての声ばかり。

徳重聡とは、2000年に『オロナミンC「1億人の心をつかむ男」新人発掘オーディション 21世紀の石原裕次郎を探せ!』で、5万人の中からグランプリを獲得、石原プロから芸能界デビューを果たした逸材だ。現在も役者として活躍中だが、“21世紀の石原裕次郎”と言えるほどの活動は見せていない。

今回、石原プロはグランプリ受賞者の起用を視野に入れて、実験的な映画を数本作る計画を立てており、歌手としても秋元作詞の楽曲で即CDデビューさせるという。AKBグループを成功させた秋元のプロデュースで大ヒットを期待したいところだ。ただ、できれば、“21世紀の石原裕次郎”徳重も何とかしてあげて欲しいところである。

秋元康の「石原プロ次世代スター発掘」で無かったことにされるアノ人はどうなる?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.