日刊大衆TOP 芸能

スクープ!キムタク休養が引き金を引く国民アイドルSMAP解散の衝撃!

[週刊大衆03月03日号]

「現在、テレビ各局は極秘でスケジュール調整に動いています」
広告代理店社員が声を潜めて話すのは、SMAPについて。

なんと、この国民的アイドルグループが解散するというのだ。
「理由は、木村拓哉(41)さんの芸能界休業です。1988年の結成から今年で26年。96年に、当時メンバーだった森且行さんがオートレーサーになるために脱退しましたが、以来ずっと5人でやってきましたし、中心メンバーの一人でもあるので、解散という選択肢を選んだようです」(前同)

それを裏づけるようにテレビ局関係者も、「7月に、彼が主演を務めたドラマ『HERO』(フジテレビ系)の続編にGOが出たんです。01年の放送時には、視聴率が全話30%を超える代表作への出演は、相当の覚悟と思われます。これを最後の花道に休養するようです」と言うのだ。

気になるのは休養の理由だが、「娘さんが2人ともフランスに留学します。それに木村さんも同行するんです」(前同)

木村が歌手・工藤静香(43)と結婚したのは00年。翌5月に長女を授かり、03年に次女が生まれた。
「2人ともフルートを習っているんですが、腕前は同年代ではズバ抜けてます。過去には長女が国内のコンクールで最優秀賞を獲得、次女もそれに次ぐ優秀賞に輝いたことがありました」(女性誌記者)

昨年夏には写真誌に、一家4人でフランス旅行に向かう姿も撮られたが、「これが、留学先の下見ではないかとみられている」(前同)。

さらに、娘の留学は昔からのプランだったと明かすのは、夫妻に近い関係者。
「海外でいつ生活してもいいようにと、娘さんをインターナショナルスクールに通わせていました。発音とアクセントには特にこだわっていたようですね。いまはパリ留学に向けて、仏語も習い始めたそうです」

また、別の広告代理店関係者は、留学とは関係なく、SMAPの解散は話し合われていたと話す。
「去年は結成25周年で、5人で初めて旅行に行ったり、結成記念日の9月9日には、これまでリリースした50曲を40分にわたってノンストップで生放送したりと、すでに区切りを付けようとしていたんです。ドラマやバラエティーなど、5人全員がそれぞれの活動を確立。年齢も年齢ですから、今後はそれをさらに強化したいようです」

昨年放送で主演を務めた『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)は視聴率が伸び悩み、事務所では後輩・嵐がSMAPを追い越す勢いで急成長。

フランス移住に「ちょ、待てよ~」という声はない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.