日刊大衆TOP 芸能

ついに女優復活!吉高由里子「奔放過ぎる」伝説を徹底検証

[週刊大衆10月26日号]

ついに女優復活!吉高由里子「奔放過ぎる」伝説を徹底検証

日本中を笑いと感動に包んだ朝ドラ美人がついに完全復帰。そんな彼女の魅力大爆発の言動の数々をここに開チン!

「奔放な言動で知られる彼女が本格復活したことで、新たな"伝説"の誕生にも期待がかかります!」(夕刊紙記者)

今世紀2位となる平均22.6%という高視聴率を記録したNHKの朝ドラ『花子とアン』の放送終了から1年――。ついに、吉高由里子(27)が女優活動を再開した。
「復帰初仕事は、10月9日に初日を迎えたばかりの舞台『大逆走』。11月1日の千秋楽まで、東京と大阪での全25公演が予定されています。吉高にとっては、これが初舞台。復帰に際し、あえて高いハードルに挑もうとするあたり、さすがの女優魂を感じさせてくれます」(芸能プロ幹部)

2008年、映画『蛇にピアス』で、バスト丸出しのベッドシーンを披露するという過去があり、 映画界では"平成の吉永小百合"とも評されることもある吉高。
そんな彼女でもプレッシャーを感じていたのだろう。稽古が始まった直後の9月10日には、自身のツイッターで〈はじまった。もう戻れないよはじまった。〉と不安を吐露していたが、
「稽古に入る前の脚本読みの段階からセリフを完全に頭に入れ、完全に自分のものとしていたそうです」(舞台関係者)

復帰作にかける吉高の意気込みが伝わってくるわけだが、芸能レポーターの川内天子氏も、復帰後の彼女に注目している。
「休養中に、彼女が頼りにしていたマネージャーが離れ、交際していたミュージシャンの野田洋次郎さんとの破局などもあり、一時は精神的にかなり落ち込んでしまったようですが、すっかり立ち直っているようですね。以前よりも、いろいろな面でパワーアップしていることは間違いないんじゃないでしょうか」

となれば、当然、いろいろな面でのパワーアップにも期待がかかる。
「吉高は、色っぽい言葉や言い回しを好んで使い、聞く者、見る者を、ムズムズさせるのが大得意。彼女の高校時代の同級生によると、当時からセブンスターをふかし、あっちの話ばかりしていたといいますし、彼女の下ネタ好きは筋金入りなんですよ」(芸能記者)

確かに、彼女の“奔放すぎる伝説"の歴史からも、それは明らかだ。
「吉高は、共演者に対する"セクハラ常習者"として恐れられています。10年の日本テレビ系のドラマ『美丘-君がいた日々-』で父親役を演じた寺脇康文に対し、休憩時間に、耳に息を吹きかけたり、服の上からバストトップをつねって、"女子よりビンカ~ン"とからかうなど、完全にオモチャにしていたそうなんです」(テレビ誌記者)

また、11年に、JRA広報活動の"顔"とも言えるナビゲーターに就任したときの会見では、
「競馬のムチを手に、"そりゃ、吉高といえばムチですからね"とニヤリと笑ったかと思えば、CMで共演した俳優の桐谷健太の腕を叩いて悲鳴を上げさせ、"キャハハ!"と大笑いしていました」(スポーツ紙記者)

さらに、あの『花子とアン』の現場でも、外国人キャストに、“アソコは英語でなんて言うんですか?"などと質問し、"ソレ"を言わせて大ハシャギ、化粧や衣装が乱れるほどだったとか。

次ページ >> ついに女優復活!吉高由里子「奔放過ぎる」伝説を徹底検証

ついに女優復活!吉高由里子「奔放過ぎる」伝説を徹底検証

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.