日刊大衆TOP 芸能

高田純次がなぜか「国勢調査広報大臣」に任命!?テキトー男のユルユル仰天伝説

[週刊大衆10月26日号]

高田純次がなぜか「国勢調査広報大臣」に任命!?テキトー男のユルユル仰天伝説

故・地井武男氏、若大将こと加山雄三の跡を継ぐ3代目"散歩人"に大抜擢。さらには国の重要調査の顔にも任命されるなど、あの男の快進撃が止まらない。
「『ちい散歩』『ゆうゆう散歩』と続く大好評のテレビ朝日の散歩シリーズの3代目に、高田純次(68)が選ばれたんです。大物2人の後を受けての『じゅん散歩』(テレビ朝日系)だけに、どうなることかと心配したんですが、評判は上々です」(テレビ誌記者)

ただ、前任の2人が街の紹介がメインだったのに対し、無責任・高田の散歩は別の部分が楽しいという。
「訪れた立ち食いそば店では、真っ暗で誰もいないのをいいことに"営業中じゃなくて支度中だな"と、勝手に営業中の札を支度中に裏返したところ、銀行に行って戻ってきた店主と鉢合わせ。店主も笑うしかなかった。他にも、ワインのつまみを卸売する店で、レーズンバターを挟んだフランスパンを食べながら、"こりゃ、ワインに合うわ、俺は日本酒しか飲まないけど"と、テキトーぶりが絶好調でした」(広告代理店スタッフ)

芸歴38年のほとんどをこうした"ユルユル"の芸風で生きてきた高田。テキトー男の仰天伝説は枚挙にいとまなし。
「和田アキ子司会の人生相談番組『怪傑熟女! 心配ご無用』(TBS系)の本番中に爆睡。"おい! 純次"と、あのアッコさんに起こされていました。また、『徹子の部屋』(テレ朝系)出演時、宝石会社の社員時代の話題を振られ、"今も鑑定できますよ。エメラルドとダイヤモンドの違いはわかります"としたり顔。でも、それって、誰でもわかりますよね(笑)」(前出のテレビ誌記者)

これが許される高田のキャラは羨ましい限りだが、凄さはこれだけではない。
「国勢調査広報大使に任命されたんです。無責任男が5年に一度実施される国の最重要な統計調査の"顔"なんですよ」(全国紙政治部記者)

このテキトーさが国にも認められた?「大丈夫何もしないよさわるだけ」。この川柳を読んだ高田純次の"ユルユル快進撃"はまだまだ続きそうだ。

高田純次がなぜか「国勢調査広報大臣」に任命!?テキトー男のユルユル仰天伝説

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.