日刊大衆TOP 芸能

亀井京子アナ「まるで警察並み!」写真週刊誌の取材力の高さに脱帽

亀井京子アナ「まるで警察並み!」写真週刊誌の取材力の高さに脱帽

10月14日放送『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)に、元テレビ東京で現在はフリーの亀井京子アナウンサー(33)が出演した。

この日のテーマは「プロ野球選手と結婚した女子アナ」。というわけで、現在は夫であるプロ野球・林昌範投手(32)との恋愛時代を振り返る亀井アナ。

当時、2人は交際を始めるも、3週間ほどで「週刊現代」に見つかってしまったという。

テレビ東京からは「これ以上見つかったら番組を降ろすぞ」と注意を受け、家の中でのデートが続く状況に。しかも、「まだ別れ時だ。今別れたら、なかったことにする」と会社から忠告を受けていたという。交際時は巨人軍に所属していた林投手。ジャイアンツ選手と交際していると取材にも行きにくいし、スポーツ担当としては支障が出てくるのが忠告の理由である。

しかし、交際は続けたい亀井アナ。局には「別れました!」と嘘をつき、林投手との交際をこっそり続けた。カモフラージュのため、直で林投手の家へ行くのではなく自分の家を経由して向かったり、林宅へ上がる時も正面からではなく裏の駐車場から入ったり、家を出る時も明かりを点けたままにしたり……。

しかし2006年のクリスマス時期に茨城(リスクが少なく2時間ほどで行けるのが理由)へ旅行に行った際、その模様をFRIDAYに撮られてしまった。結果、彼女は担当していたスポーツ番組を降板……。

そんな紆余曲折を経て、2007年に亀井京子&林昌範カップルは遂に結婚。もう逃げ隠れする必要もなくなったある日、亀井アナが自宅へ戻ろうとすると、黒いワンボックスカーから花束を持ったおじさん達がいきなり出現! どうやら彼らはFRIDAYの記者らしく、「半年前に私たちが背中を押したからこその結婚ですか?」と言い放ったという。しかも、「花束を持った姿の写真を撮らせてください」とリクエストまでされたそうだ。

亀井アナと写真週刊誌の戦いは、まだ終わらなかった。結婚した後、林投手と麻布十番で食事をしていた様子までFRIDAYに激写されてしまったのだ。その食事時には愛犬を連れていた亀井アナだが、実は当時の彼女は犬を飼ってはいけないマンションで生活していたのだ。後日、その記事を見た大家さんから「ウチは犬、ダメなんです」と電話がかかってきてしまうオチがついたとのこと。

「FRIDAYさんは凄い! 警察並みだなと思う」と、その取材力には亀井アナも脱帽の様子であった。

(寺西ジャジューカ)

亀井京子アナ「まるで警察並み!」写真週刊誌の取材力の高さに脱帽

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.