日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]『スター・ウォーズ』で始まり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で終わる天龍源一郎



2015年10月21日がもうすぐやってくる。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』でマーティとドクが1985年からタイムスリップした「未来」がもうすぐなのである。これに関連した話題も多くなってきた。たとえばシカゴ・カブス。

映画の中で2015年10月21日へとタイムスリップしたときに、町中で流れるニュース速報で「カブスがワールドシリーズに優勝」という一報が流れるシーンがあった。するとカブスは「本当の2015年10月」、ナ・リーグの地区シリーズを制し、12年ぶりにリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。このまま快進撃が続けば映画が現実になるのだ。

30年前に映画の中で描かれた未来(2015年)はけっこう現実化しているものがある。携帯カメラ、シワ取り若返り、飛び出す(3D)映画、大画面テレビ、空気清浄機、グーグルグラス的メガネ・・・。あれは予言映画だったのかもしれない。

もうひとつの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタといえば、30年という時間の長さを表現するのによく使われる。

今年、中日ドラゴンズの山本昌投手が引退したが、その長くてすごい選手生活を語られるのに「山本昌はバック・トゥ・ザ・フューチャーで描かれた現在と未来(1985年も2015年)、どちらも投げていた」という例えがある。偉大さがわかりやすい。

そして、プロレス界でもそんな偉大な男がいるのである。

天龍源一郎である。1976年11月13日にアメリカでデビューした男は「ミスタープロレス」となり、今年11月15日に両国国技館で引退する。

しかも映画と同様、天龍にとって30年前の1985年は運命的な年だった。全日本プロレスに参戦した長州力と闘い始めた年なのである。長州との出会いがのちの天龍革命につながり、ひいては天龍を日本を代表するレスラーに押し上げるきっかけになった。その全日本プロレスの1985年正月のシリーズ名は『‘85激突!! オールスター・ウォーズ』であった。

つまり天龍は『スター・ウォーズ』で始まり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の年に現役を終えるのだ。

これだけ見ても、つくづく華のあるプロレスラーであることがわかるではないか。


プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]『スター・ウォーズ』で始まり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で終わる天龍源一郎

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.