日刊大衆TOP 芸能

プロ野球「春季キャンプ」オフレコ裏ネタ露暴座談会 vol.01

[週刊大衆03月03日号]

球春到来! セ・パ12球団の春季キャンプは後半戦がスタート。そこで本誌は、各球団に張りついている現地記者に、とっておきの裏ネタを開陳してもらった。
座談会出席者は、スポーツ紙デスクA氏、自らも高校球児だった中堅記者B氏、デスクに怒鳴られ通しだとコボす2年目の新人記者C氏。裏ネタ暴露座談会、いざプレイボール!!

A:今年の春季キャンプ最大の話題は、なんと言っても巨人の松井秀喜臨時打撃コーチだろうね。日替わりでネタを提供してくれてマスコミやファンは松井の一挙一動を注視していた。

B:おかげで見学に訪れるファンの数も例年の2倍。長嶋茂雄終身名誉監督が訪れた11日には、巨人キャンプ史上最多の4万2000人が大フィーバーだったね。

C:サンマリンスタジアム宮崎で特打をした9日には、22スイング中5本の柵越え。「ゴジラ健在」をアピールしたけど、実はあれ、前日にテントで「秘密練習」していたんですよ。

A:本人はぶっつけ本番だと言い張ってたけど、打球音が漏れてたからねえ(笑)。あれで、なんとか面目を保てたんじゃない?

C:最初にノックバットを振ったら、空振りはするわ、打ち損じるわで散々でしたからね。練習の必要性を痛感したんでしょうね。

B:師匠の長嶋さんも、みんなの前でノックする前に練習してたからね。ミスターは、胴上げされる前も「どうすれば見映えがよくなるか」と、練習するような人だったから(笑)。

A:松井が来なければ、大竹寛(前広島)、片岡治大(前西武)といった新戦力に注目が集まったはずだけど、すべて松井が持っていっちゃった。おかげで、静かな環境で練習に打ち込めるようになって、彼らにとってはよかったのかも。

B:反面、新戦力の話題が全然漏れ伝わってこなくて、他球団の007が困ってるって話だよ。だって、松井のネタ書かないと特オチになるからね。

C:でも、松井が指導するのは、あくまでも若手メイン。巨人関係者によれば、松井は宮國椋丞、大田泰示、中井大介と、宿舎で夕食会をしたようです。

A:3人とも、将来、松井が監督のになったときの主力候補だよね。

B:だから現場では、すでに「将来の松井監督」が既成事実化してきている。

A:ただ、それもいろいろ裏があるようだよ……。松井の話題が先行しがちだけど、今年の巨人は、結果としていい補強ができたんじゃないかな。先発ローテは、内海哲也、菅野智之、杉内俊哉、大竹に新外国人のセドン(左腕=前・韓国SK)の5人。残り1枠を宮國、澤村拓一らが争う。先発は盤石だよ。

B:打撃陣だと、カギを握るのが昨シーズン後半から調子を落としている坂本勇人。でも、キャンプ以降は調子が上向き。井端弘和(前中日)と片岡の加入で、ポジションを争うライバルができたこともあって、いい緊張感が生まれている。今年はキャンプインの時点で体がシェイプされていたから、本人も"本気モード"のようだね。

C:坂本もモテ男だけど、ドラ1のイケメン、小林誠司(日本生命)には、早くも追っかけがいますよ。

A:首脳陣は、小林をセドンの女房役にして、阿部慎之助を週一で休ませようという狙いみたいだね。

B:順風満帆に見える巨人だけど、ちょっともったいないのは、大竹の人的補償で広島入りした一岡竜司だね。熱心なG党は、みんなガッカリした。広島のスカウトは目利き揃いだよ。

A:巨人は片岡の加入で、弱点の二塁手をようやくカバーできたけど、片岡の移籍は、古巣の西武にもうれしい悲鳴のようだよ。信じられない話なんだけど、片岡と涌井秀章(現ロッテ)を放出したことで、西武は一瞬にして黒字球団に変身してしまったというんだ。去年、筆頭株主の米投資ファンドから、球団売却を提案されていたほどの窮状が、あっと言う間に様変わり。おかわり君こと中村剛也と複数年契約できたのは、片岡と涌井の放出で人件費が浮いたからみたいだよ。

C:去年の日本一、楽天に話題を移しましょう。マー君(田中将大)のメジャー移籍で抜けた穴を埋めると期待されているのが、ドライチの松井裕樹(桐光学園)。

A:彼の武器はスライダーとストレート。いまの時期は、みんな「いいこと」しか書かないけど、実は松井のスライダーは、ほとんどがボール球だよ。プロはそう簡単に振ってくれないから、期待ほどには活躍できないんじゃないかな。

B:でも、松井は修正能力が高い。高校2年から3年になるオフの間に、チェンジアップを覚えたぐらい器用。焦らず、菊池雄星のようにじっくり育てれば、エースになるかもしれないね。

A:いずれにしても、楽天は則本昴大、美馬学以外の投手は、だいぶ格が落ちる。松井がコケれば、「定位置」に逆戻りの可能性もある。

B:マー君だけじゃなくて、意外にマギーの抜けた穴も大きい。腰に爆弾を抱えているという新大砲・ユーキリスが、どれだけやれるかがカギかもね。

C:ユーキリスといえば、面白い話があるんです。彼はヒゲ面で来日したんですが、実は楽天は「ヒゲ御法度」。そこでユーキリスは、三木谷浩史オーナーに「キレイに手入れするから認めてくれ」と直談判して、特例でヒゲを認めさせたんですよ(笑)。でも、成績が振るわなければ、シーズン中にもオーナーからヒゲ剃り指令が出るかもしれない。

03月01日公開のvol.02につづく・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.