日刊大衆TOP 芸能

松岡茉優「目標は女版“八嶋智人”なんです!」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆11月02日号]

松岡茉優「目標は女版“八嶋智人”なんです!」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

20歳の若さながら、実力派として話題のドラマや映画に立て続けに出演中の松岡茉優さん。最近はバラエティにも進出し、お茶の間でも大人気に! そんな彼女に、出演する新ドラマの裏側や理想の男性、さらには告白秘話まで語っていただいた!

――この10月からTBS系で放送が始まったドラマ『コウノドリ』に、松岡さんが重要な役で出演されていますね。

松岡 ありがとうございます。原作は、マンガ誌で今も連載されている人気作。私、マンガは大好きなんですが、男性誌で連載ということもあって、出演依頼があるまで、読んだことがなかったんです。

――舞台は、大病院の産婦人科ですね。そもそも、男性誌で、出産をテーマにしたマンガは珍しいですよね。

松岡 そうなんです。どんな内容なのかなと思いながら、原作を読んだのですが、私が今まで読んできたマンガにはない描かれ方で、心が動かされました。人が涙を流す様子一つにしても、すごく人間らしさが溢れているんですよ。雰囲気がすごく伝わってくる原作なので、私自身、医療ドラマは初めてなんですが、何の気構えもなく挑戦できるなって思いましたね。

――綾野剛さん演じる主人公の鴻鳥(こうのとり)医師の同僚である産婦人科医、下屋加江を松岡さんは演じていますが、彼女はどんな女性ですか?

松岡 原作を読んで感じたのは、下屋さんってすごく真面目なんですけど、ちょっと抜けているところがあってお茶目だなと。

――ドラマでは設定がちょっと違うんですよね。

松岡 原作だと、すでに医者としてバリバリ働いている女医なんですが、ドラマ版では少し巻き戻して、後期研修医という設定です。だから、未熟な面もあって、そこが視聴者の目線と一致して、より近い存在になると思います。

――研修医ということは、バリバリのドクターというよりは、松岡さんと年齢的に近いですね。

松岡 近いのは、それだけじゃないんです。下屋さんと一緒で、私もおっちょこちょいなんです……。

――そうですか? むしろ松岡さんは落ち着いて見えますよ!

松岡 いえいえ、メガネをかけてる役なのに、メガネを楽屋に忘れて、ダッシュで取りに戻らなきゃいけなくなったりと、抜けている部分があるんです。

――そんなことは、誰にでもありますよ。それに、ちょっと不器用なほうが、絶対に魅力的です!

松岡 そう言ってくださるのはありがたいですが、単に要領が悪いだけだと思います(笑)。そんなところが下屋さんに近いのかな。

――でも、今回は研修医の役ですから、そうした少し不器用な面が生きる場面もあったんじゃないですか?

松岡 そうですね。鴻鳥医師は"できる医師"なので、どんな場面でも冷静にサラッと対処するんですが、私は研修医なので、声を荒げるというかパニくってしまう。その部分では、感情の起伏は見ている人にわかりやすく伝えられるかなと思います。でも、感情の起伏が大きすぎて、演出家の方に「ちょっと抑えて」って言われたりしましたけど(笑)。

――そうは言っても、今回の現場は、医療ドラマだけに、驚きを隠せない場面も多いんじゃないですか?

松岡 そうなんです。医療指導で参加してくださっている「神奈川こども医療センター」にお伺いして、分娩室や手術室を見せていただいたことも、その一つですね。だって、その瞬間に生まれた赤ちゃんに触れ合うなんて機会、普通はないじゃないですか!

――出演しているのは、人形とかじゃなくて、本当の赤ちゃんなんですね。

松岡 そうです。なので、ホコリっぽいところはやめようとか、乾燥に気をつけよう、泣き出したら、すぐに連れ出してあげる……って、赤ちゃんにすごく気を遣っていた現場でした。

――ピリピリした雰囲気になりそうですね。

松岡 そうでもないんですよ。赤ちゃんが泣き出すと、みんながお父さん、お母さんになっちゃう現場でしたよ。

――ホッコリする温かい現場ですね! 松岡さんもそんな時代を経て芸能界に入ったわけですが、12年も経つんですね。

松岡 実はそうなんです。

次ページ >> 松岡茉優「目標は女版“八嶋智人”なんです!」ズバリ本音で美女トーク

松岡茉優「目標は女版“八嶋智人”なんです!」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.