日刊大衆TOP 芸能

マツコ「支配されているのが嫌」ポイントカード批判に賛同の声

マツコ「支配されているのが嫌」ポイントカード批判に賛同の声

10月21日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、出演するマツコ・デラックス(42)が、ポイントカードに対する不満をもらす場面があった。

この日、視聴者から送られてきた悩みは『財布がポイントカードでパンパンになってしまう』というもの。これにマツコは理解を示したうえで、ポイントカードを持っているとポイントのために不要なものまで買ったりしてしまうとして、「支配されている感じが嫌なのよ」と評した。

実際にマツコはタワーレコードのポイントを貯めることに夢中になっていたようで「だんだんさ、喜びになってくる」らしく、「あと3つでこれ1枚埋まるぞって思うと、そんなに欲しくない物を買っちゃったり」していたらしい。

そのためマツコはある時期からポイントカード断ちを行い、家電量販店などでも、ポイントをつけないぶん現金値引きを要求して買い物しているのだという。

このポイントカードの話題に対しTwitterの番組ハッシュタグでは「ポイントカードいらん」、「ポイントカードが増えるっていうのに困るのはわかるなー。だけど、結局持っちゃうんだよな」など、共感を示す意見が相次いだ。

マツコ「支配されているのが嫌」ポイントカード批判に賛同の声

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.