日刊大衆TOP コラム

第44回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」




美和 先日の内閣の改造人事で、安倍政権の支持率が少し上がりましたね~。

宗男 まだハネムーン期間ですから、マスコミにもそう悪くは書かれないでしょう。と言いたいところですが、あの「下着泥棒大臣」っていうのはナンですか!“頭に虫が入っている”

vol.44-1


美和 若かりし頃の疑惑が取り沙汰されている、高木毅 復興大臣ですね? 本人は否定されていますが…。ああいう手癖ものは、理性で止められないかもしれませんね~(笑)。私も八王子市議時代に「下着ドロ」に遭いました。母と祖母の下着は近所の踏切に落ちていましたが(苦笑)。

宗男 「下着泥棒大臣」なんて言う汚名は、憲政史上初だっ!(怒)

美和 宗男先生のお怒りが収まりませんが、今日は安保法制での一連の騒動についてお話しましょう!

宗男 弱きを助けるのが政治だ! それなのに弱き者のパンツ盗んでどうする!!

美和 宗男先生面白い!(爆笑)。さて、そんな折でも安保法制が可決され、「違憲」と言われつつも施行に向け着実に歩みだしています。国会周辺や各地でのデモなどの抗議行動は、SEALDsに見られるような学生や若者をはじめとする、今まで政治に無関心とされていた層にまで波及しました。宗男先生はいかがお考えですか?

vol.44-2


宗男 若い人、女性、しかも「子供連れの女性」が先行きを心配して行動したということは、新しい流れができたと思いますよ。

美和 自民党などは「ある特定の団体が言っているだけだ」なんて言っていますね。

宗男 一般のサラリーマンだってデモに参加している。安保法制での対応には創価学会の人からも「公明党は何をやっているんだ」という激しい批判がありました。公明党の地方の議員なんかもデモに参加していました。一人でも二人でもそういう人がいたということは、大変大きな変化だと思います。それにくらべて野党議員はだらしない!「反対だ」と言うならば、“議員バッジを外す”決意をしないと!!

vol.44-3


美和 野党がですか? それはどういうことですか??

宗男 野党の参議院議員がバッジを外して、「私は国民とともに闘う」とやれば、議会は動かないんですから。バッジを外す覚悟がないところがやっぱりね…戦う姿勢がないんです!数で負けるからこそ世論を味方にして。やっぱり“決意と覚悟”ですよ!!

美和 議事妨害や採決を長引かせる牛歩戦術みたいなのは、逆に馬鹿にされちゃう。と。

宗男 福山さんが演壇で泣いてちゃ駄目ですよ!バッジを外して、「議場にいる心ある国会議員の皆さん、国民とともに戦おう」と言ったら、国民は「頑張れ。頑張れ」と言いますよ。

美和 福山さん? 福山雅治??

vol.44-4

次ページ >> 第44回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

第44回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.