日刊大衆TOP 芸能

マエケン「狙って取った」5年ぶりの沢村賞も、ファンからは不満噴出!?

マエケン「狙って取った」5年ぶりの沢村賞も、ファンからは不満噴出!?

名投手・故沢村栄治氏を記念して創設された、シーズンで最も優れた先発完投型投手に贈られる『沢村賞』。選考委員会が26日に都内で開かれ、今季15勝を挙げセ・リーグ最多勝に輝いた、広島の前田健太投手(27)が受賞となった。5年ぶり2度目の沢村賞受賞という快挙を達成したが、世間からは称賛の声とともに、今年の成績に対して疑問の声が上がっているようだ。

沢村賞の選考基準は、25試合登板以上、勝ち星15勝以上、防御率2.50以下、投球回数200イニング以上、150奪三振以上、10完投以上、勝率6割以上の7項目を選考基準としている。

今季の前田の成績は、29試合に登板、15勝(8敗)、防御率2.09、206.1投球回、175奪三振、5完投、勝率は6割5分2厘。選考基準7項目のうち6項目をクリア。最終的には、日本ハムの大谷(4項目クリア)、阪神の藤浪(4項目クリア)の3人に絞り込まれたが、全会一致で前田に決定したという。元巨人の堀内恒夫選考委員長は「甲乙つけがたい成績だった」「最後は全会一致だった」と語った。

念願の受賞が叶った前田だが、初めて沢村賞を受賞した2011年以降、個人の目標は「2度目の沢村賞受賞」と公言してきた。「有言実行」をテーマに掲げ、あくまでも狙って獲りにいっていた。しかし沢村賞の壁は厚く、「数年間、獲りたいと思って獲れなかった賞。2回目の受賞は難しいと聞いていたのでびっくりした。2回目の方が嬉しさは大きい」と喜びのコメント。

見事6項目をクリアし、堂々と沢村賞を受賞した前田に対して「おめでとう!」「沢村賞二回は凄すぎるよ」といった称賛の声、「大谷と藤浪と比べてクリア項目数を上回ってるし、妥当な結果」「勝ち星が少ないのは広島だから。ソフトバンクだったら20勝だよ」といった、今年の選考は“妥当な結果”だったという声が多く上がっている。一方で、「藤浪の最後の広島戦が悔やまれる」「最終戦で完投勝利なら藤浪が受賞してたんじゃないか」といった声も。

またそれ以上に多いのが、「沢村賞が軽くなってきてないか」「沢村賞だけは、選考項目クリアとかじゃなくて、圧倒的な投手にあげてほしい」「今年は該当者なしにするべきだったでしょ」「マエケン成績は良かったけど、凄さは感じなかったよな」といった声だ。中には、「いや絶対ジョンソンでしょ」「ジョンソンが最終候補に残らないのはおかしい」など、前田のチームメイトである広島のジョンソンを推す声も。

最多勝、最優秀防御率などと違い“選考”で決まる沢村賞だけに、誰しもを納得させることは難しいが、ともかく快挙を成し遂げた前田。これから気になるのはやはり例年の風物詩ともいえるメジャー挑戦。2度の沢村賞受賞という勲章をもって、念願のメジャー挑戦となるのかどうかをじっくりと見守りたい。

マエケン「狙って取った」5年ぶりの沢村賞も、ファンからは不満噴出!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.