日刊大衆TOP 芸能

鈴木亮平「街なかで爪を切る」ほか、奇行エピソード連発で狙うは天然系俳優?

鈴木亮平「街なかで爪を切る」ほか、奇行エピソード連発で狙うは天然系俳優?

10月25日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に鈴木亮平(32)が出演。最近はその性格が世間に知られてきた鈴木だが、さらなる天然な素顔が明かされ、上田晋也(45)らを驚かせた。

まずマネージャーから明かされたのは爪切りについて。実は鈴木、場所を選ばず爪を切り始めてしまうのだという。さすがに歩きながらは切らないものの、常に爪切りを持ち歩き、渋谷のスクランブル交差点で信号を待っている間に切ったりするらしい。

これについて鈴木は「人にどう見られてるかを忘れる癖があるんですよ」と、その珍奇な行動の理由をサラッと回答。上田を驚かせていた。

さらにマネージャーから、電車の網棚によく忘れ物をするという情報も寄せられた。かばんや財布も忘れてしまうと鈴木。置く時は「あ、危ないな」と思うのらしいのだが、スマホで調べ物などをしていると夢中になってしまい、頻繁に忘れてしまうらしい。

あまりにも忘れるために、駅の保管所はだいたい把握しているという鈴木。財布は現金が抜かれてしまうが、かばんは盗るのに気がとがめるのか、そのまま戻ってくることが多いと、経験に基づく見解を述べていた。

鈴木は最近、各所で自らの珍妙な行動を明かしているが、カッコいい、演技がうまい、だけでは生き残るのが難しい芸能界だけに、天然キャラでの生き残りを模索しているのかもしれない。

鈴木亮平「街なかで爪を切る」ほか、奇行エピソード連発で狙うは天然系俳優?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.