日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]「私だから乳癌に選ばれた」レスラー・北斗晶の“振る舞い”について


北斗晶の乳がん告白は大きなニュースとなった。いや、社会現象になったといってもいい。あの告白以降、全国で乳がん検診の問い合わせや予約が激増しているという。

北斗晶ここにあり。あらためてそう感じた。

タレント「鬼嫁・北斗晶」しか知らない人にぜひ知ってほしいのは、彼女はプロレスラー時代から「人前での振る舞い」を誰よりも考え、人心をつかんでいたことだ。

90年代前半に女子プロレスに団体対抗戦時代が訪れ、そのときブレイクしたのが北斗晶だった。それまでは人気レスラーだったがトップではなかった。

しかし、対抗戦に興味を持った男性ファンが、女性ファンが多かった女子プロレスの会場に大挙して駆けつける現象が起きたのだ。ここで注目を集めたのが「プロレス頭」が良い北斗だった。

試合内容はもちろん、マスコミを通じてのプロレス観の披露、試合後のマイクなど、「言葉」と「問題提起」で男性ファンも惹きつけた。

当時もっとも影響力があった「週刊プロレス」は、北斗晶を「女・猪木」と名付けプッシュしまくった。この時期、男子プロレスでは猪木がセミリタイヤしていたので北斗に猪木の幻影を追った男性ファンも少なくなかったのだ。

技が高度なレスラーはたくさんいたが、レスラーとしての振る舞い、存在感を見せつけるという意味では北斗晶は男女ふくめて断トツだったと思う。

要は「自分がどう見せてゆくか」という、自分の役割のことを完璧に考えていたのだ。超やり手である。そのあと芸能界でスターになってもまったく驚かなかった。

今回、北斗晶のブログにこんな記述があった。

《女性の12人に1人は乳癌になるとも言われています。(略)もしかしたら、それを大勢の人に伝えられる私だから乳癌に選ばれたのかも…そう思うしかありません。》

この文章。病気になったことすら「自分の役割」と考えている。相変わらず人前でのふるまいを意識している。人に勇気を与えるという役割意識。北斗の言葉で励まされた人はたくさんいただろう。乳がんのことをもっと考えようと思う人も今回増えた。

北斗はまたしても「問題提起」を見せてくれたのだ。その闘う姿勢を。

私は北斗晶の今回の振る舞いを、そう受けとめている。


プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]「私だから乳癌に選ばれた」レスラー・北斗晶の“振る舞い”について

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.