日刊大衆TOP 社会

対立激化!! 安倍首相 VS 小泉親子「仁義なき戦い」舞台裏

[週刊大衆11月16日号]

対立激化!! 安倍首相 VS 小泉親子「仁義なき戦い」舞台裏

我が世の春を謳歌する独裁者に、若きプリンスが、父親とともに弓を引く。その日が刻一刻と迫っている!
安倍晋三首相の"独裁体制"が、より強固なものとなっている――。
今年は、秋の臨時国会が開かれないという。例年であれば、新内閣(第3次安倍内閣)発足を受け、所信表明演説を行うべきところだが、安倍首相の外交日程が詰まっていることを理由に、開催は見送られるのだ。
「これは明らかに、弱小化した野党をなめきっている証拠。外交なんて表向きな理由に過ぎず、実際は、いまだに安保法制に根強い国民の反対があることに加え、一部報道で出た高木毅復興相の"下着ドロボー"疑惑に関する野党の追及を、有無を言わさず封じた格好です」(全国紙政治部記者)
もちろん、この安倍政権の横暴に、野党も黙っているわけではない。野党議員は連名で臨時国会召集を要求する文書を提出した。
「しかし、安倍政権は"過去に開かれなかった例もある"と、野党の抵抗もどこ吹く風で、意に介さない状況です」(自民党中堅議員)
さらに、安倍政権は野党のみならず、10月7日に行われた内閣改造では、党内の抵抗勢力となりうるライバルを閣内に封じ込めることにも成功している。その筆頭が最大の敵・石破茂地方創生担当相だ。
「石破氏は反安倍勢力の結集を狙い、新たな自派閥を立ち上げましたが、改造内閣で留任となりました。これは、安倍首相の"留任要請を断れば会派ごと干し上げる"という暗黙のプレッシャーに屈したからだといわれています」(前同)
石破氏のほか、党内第3派閥のトップ・岸田文雄外相も、安倍首相の軍門に下る形となった。
「先の総裁選で岸田派が、野田聖子元総務会長を安倍首相の対立候補に推す動きを見せたことで、責任を問われ、改造前に5人の閣僚を要した岸田派からの入閣は、たったの1人。"俺に歯向かうヤツは容赦しない"と言わんばかりの懲罰人事でした」(同)
まさに安倍一強。唯一のアキレス腱だった支持率も、安保法が成立した直後こそ急落したものの、時事通信社の調査によれば、現在、4割近くまで回復している。

次ページ >> 対立激化!! 安倍首相 VS 小泉親子「仁義なき戦い」舞台裏

対立激化!! 安倍首相 VS 小泉親子「仁義なき戦い」舞台裏

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.