日刊大衆TOP 芸能

“江川新監督”が消えた理由とは…巨人軍「底知れぬ黒い闇」

[週刊大衆11月16日号]

“江川新監督”が消えた理由とは…巨人軍「底知れぬ黒い闇」

背番号は現役時代と同じ「24」。復権を目指す12球団最年少の監督の前には、計り知れないほどの困難が待ち構えている。
「先輩たちが作り上げた伝統を守りつつ、自分らしさも出しながら、なんとか、不安はいっぱいありますけど、覚悟を持って邁進(まいしん)していきたいと思っています」
就任要請からわずか3日後の10月26日、現役を退き、読売巨人軍の指揮を執ることを決断した高橋由伸新監督(40)は都内で就任会見を行った。
「少なくとも、晴れやかな場にふさわしい表情ではなかったですね。あのこわばった顔が新監督の置かれた悩ましい状況を物語っていると言えます。巨人軍は"底知れぬ黒い闇"に覆われていますからね」(会見を取材したスポーツ紙記者)
75勝67敗1分のセ・リーグ2位で今シーズンを終えた巨人。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージこそ阪神に勝利したものの、ファイナルステージでヤクルトに敗れ、4年ぶりの日本一奪回への挑戦もかなわなかった。
「そのCSファーストステージ直前の10月5日に突如表面化した野球賭博問題、そして、噂されていた原監督の退任から新監督決定までのゴタゴタぶりを見ても、現在の巨人は、とても"球界の盟主"とは思えないありさまです」(前同)
10月19日、通算12年間でリーグ優勝7回、日本一3回という輝かしい成績を残した原辰徳前監督(57)の勇退が決まった時点で、選手兼任打撃コーチの由伸自身は、自分が次期監督に就任することになろうとは考えてもいなかったという。
「由伸は監督就任直前まで、同い年の井端弘和や入団1年目の岡本和真らと、来季に向けた合同自主トレの計画を立てていた。つまり、由伸にしても、その由伸と時を同じくして現役を引退し、内野守備走塁コーチに就任することとなった井端にしても、現役をやめる気などさらさらなく、今回は、文字通り"寝耳に水"だったはず」(ベテラン記者)
巨人にとって、ここ数年の懸念事項であった"ポスト原"問題。最終的に3年契約で由伸新監督に決まるまで、候補の名が、次々と浮かんでは消えていった。
最有力と目されていたのは、由伸新監督の1歳年上で、1998年から5年間、巨人でチームメートだった松井秀喜氏(41)だった。
「だが、今年の3月にニューヨークヤンキースのGM特別アドバイザーに就任した松井は、アメリカから日本に戻ってくる気配がない」(球団関係者)
そこで代わりに、その名が浮上してきたのが球団OBの江川卓氏(60)だ。
「指導者の経験こそありませんが、読売グループである日本テレビでの評論活動も長く、関係は深い。7月頃から"次は江川で決まったらしい"という噂が、球界では半ば常識のように語られてきた」(前出のベテラン記者)
そして、日刊スポーツが、9月26日の紙面で<巨人原監督V逸なら解任も後任候補に江川氏らの名>とぶち上げ、この"江川監督説"は一気に公のものとなる。だが、この時点で、読売本社の一部では「川相昌弘ヘッドコーチの内部昇格」という案が検討されていたようだ。
「4月、原監督がインフルエンザで欠場した試合で監督代行を務め、4勝1敗と結果を残した川相ヘッドの采配を評価する声が高まっていたんです。渡邉恒雄球団最高顧問をはじめ、巨人をフロント主導型チームに変えていこうとする読売グループにとって、アクの強くない川相は操りやすい人物ですからね」(球団に近い関係者)
しかし、そこにも問題があった。
「川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、そして原辰徳ら、過去の歴代監督に比べると、川相では明らかに地味。実力うんぬんではなく、人気、集客面での不安が大きいでしょう」(専門誌記者)
そんな微妙なタイミングで発生したのが、巨人軍の現役選手による野球賭博事件だった。
「10月5日、久保博球団社長は記者会見で、球団所属の福田聡志投手が野球賭博に関与していたことを発表。日本野球機構(NPB)へ告発することを表明しました。さらに、告発を受けて調査を行っていたNPBの調査委員会は、21日の中間報告で、新たに笠原将生投手と松本竜也投手も関与していたことを発表しました」(全国紙運動部記者)
10月24日の日本シリーズ開幕戦を直前に控えた中でのこの不祥事に、巨人軍はもとより、球界全体が大きな衝撃を与けた。
「この野球賭博には、元巨人軍選手で、引退後、飲食店を経営していた人物が関与しているのではないかとみられています。この店には、笠原や松本をはじめ、巨人の若手二軍選手が入り浸っており、今後の展開によっては、3人以外の名前が浮上してくる可能性は大いにあります」(前同)
そして、当然ながら、この事件が、新監督人事にも少なからぬ影響を与えたとみられる。
「今回のスキャンダルによって、巨人には過去に例のないほどの暗雲が垂れ込めたと言える。それだけに、これを払拭できるようなフレッシュな人材の登用が急務となったんです。となれば、江川監督の線は完全に消える。仮に、このタイミングで江川が就任すれば、『空白の一日』事件などのダーティな過去が蒸し返されることは確実だからです」(夕刊紙記者)
明るく爽やかなイメージの高橋由伸なら、ファンが離れることを防げる。チーム作りよりも集客――。"急転直下の由伸擁立"には、そんな"思惑"が透けて見えるのだ。

次ページ >> “江川新監督”が消えた理由とは…巨人軍「底知れぬ黒い闇」

“江川新監督”が消えた理由とは…巨人軍「底知れぬ黒い闇」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.