日刊大衆TOP 芸能

“出世コースから外された”ミオパンが「芸人の嫁」として大化けする日はあるか?

“出世コースから外された”ミオパンが「芸人の嫁」として大化けする日はあるか?

2009年の藤原紀香との離婚後、そのことをネタにしてきた芸人の陣内智則(41)に、新たな幸せを予感させるニュースが舞い込んだ。

しばしば熱愛報道でバッシングを受けることが多かった陣内だったが、今度の恋はどうやら本気の様子。11月3日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)で、現在交際しているフジテレビの松村未央アナ(29)が、陣内の実家に挨拶に行ったことが、司会アシスタントのフリーアナウンサー高橋真麻(34)によって明かされた。陣内は「何で、そんな情報知ってるの!」と驚いたが、事実であることを認めていた。

ゴールインを匂わせる今回のニュースに「マジか、やっと嫁さん出来るなモテ男!」「これで離婚ネタやらずに済むぞ!」「相性よさそうじゃん!いい感じ!」と祝福の声も多少あがったが、世間の多くは「すぐ別れるだろ」と辛辣な声をあげている。

お相手となる松村未央といえば、入社1年目で『ミオパン』という冠番組まで持ち、現在は『めざにゅ〜』や『すぽると!』(いずれもフジテレビ)のキャスターを務める人気アナウンサー。だが、『○○パン』という愛称まで与えられながらも、報道アナとしてはいまいち飛躍できなかったという彼女への厳しい指摘もある。

「そもそも、二人の熱愛の発覚が『陣内の二股疑惑』というスクープだったんです。陣内は松村と同時にモデル女性とも交際していて、それで当時大バッシングを受けたんですよ。彼はそれをネタにして笑いをとることが出来ますが、松村にとっては厳しい話でしたよね。滝川クリステル、秋本優里、大島由香里、と続いたフジの報道アナの流れを繋ぐ期待のホープだったんですが、すっかり“二股をかけられた女子アナ”というイメージが定着してしまって、その後は出世コースから外されてしまいましたから」(テレビ局員)

今回の報道に関しても、世間の多くは「3年後には離婚だな」「努力はするだろう。だが長続きするかが問題」「考え直した方がいいぞ、あの美人がいながら他の女に手をだした野郎だぞ」と、厳しい声をあげている。だが、バラエティ番組で見せる松村の愛らしいキャラクターは、フジのなかでもトップクラスの“癒し”があると評判で、だからこそ「幸せになって欲しい」というファンからの声もある。

「今回の結婚への動きは、陣内からの誠意があった証でしょう。女子アナとしてはいまいち伸び悩んだミオパンですが、芸人の嫁として大化けして欲しいと局ではウワサしてますよ」(同)

稀代のモテ男と、人気女子アナのカップルの結婚の行く末は、今後さらに世間の注目を集めそうである。

(鰻谷ナンバ)

“出世コースから外された”ミオパンが「芸人の嫁」として大化けする日はあるか?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.