日刊大衆TOP 芸能

北川景子、夏帆、大江アナも!実は「左利き」だった芸能美女たち

北川景子、夏帆、大江アナも!実は「左利き」だった芸能美女たち

たまに「左利きには天才が多い」なんて説を耳にすることがあるが、その根拠はなんだろう。調べてみると、ハサミや駅の自動改札など、世の中の道具のほとんどが右利き用に作られているため、左利きの人は普段から、運動機能や神経学の観点で自然にトレーニングしていることになるらしい。つまり、先天的に左利きの人は、幼い頃から自然に脳が鍛えられていたというわけだ。
その鍛えられた脳は「芸の世界」も能力を発揮するようで、芸能界には「左利き」が多い。その中には『なるほど、彼女も「左利き」だったのか』と、納得できる才能を持っている美女もいるのだ。
北川景子(29)
2008年に出演した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「食わず嫌い王決定戦」で唐沢寿明(52)と対戦したとき、食べ物を口いっぱい入れて食べる「リス食い」が汚いと話題になったが、同時に「箸の持ち方もヤバイ」とネットで話題になっていた。それもそのはず、自身がブログ(2009年3月更新)で「『右手で持つように』と両親に教わったお箸と鉛筆以外は、私生活のほとんどが左利き』と語っているように、本来は左利きなのに無理して右手を使っていたからなのだ。
夏帆(24)
グラビア雑誌「アップトゥボーイ」(ワニブックス)2007年6月号の付録DVDに収録されている映像で、野球場で左のバッターボックスに立って空振りしたり、マウンドから左腕で投じるシーンから、左利きなのが分かる。また、スタッフだろうか、「どっちでも投げられるんだ」という声に対して、「どっちも下手なんですよ」「なんか、左でやってると、カッコいいって言われるんで」と答えているので、どうも両投げはできるらしい。
大江麻理子(37)
「アド街ック天国」(テレビ東京系)の公式ブログの記事(2006年3月更新)で「先日のアド街『町屋』の回で、キャッチボールをしたところ、『あなた左利きだったの!?』と社内でいろんな人に聞かれました」「わたくし、スポーツだけ左利きなんです」と語っている。また、『モヤモヤさまぁ~ず』(テレビ東京系)でも、2008年『谷根千編』のキャッチボールするシーンで、三村マサカズ(48)に『ここまで付き合ってて左利きって知らなかったよ』と愕然とされている。いつもの食事シーンでは箸を右手で持っていたのだから、驚くのも無理はないだろう。

次ページ >> 北川景子、夏帆、大江アナも!実は「左利き」だった芸能美女たち

北川景子、夏帆、大江アナも!実は「左利き」だった芸能美女たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.