日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】時に"思い"が勝敗を左右させる

[週刊大衆11月23日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
時に"思い"が勝敗を左右させる
ヤクルト・スワローズとソフトバンク・ホークスとの間で争われた今年のプロ野球、日本シリーズは、4勝1敗で、ソフトバンクが優勝。日本一になったのが阪神タイガースじゃなかったことをのぞくと(苦笑)、いい刺激をたくさんいただいたシリーズでした。
第3戦で、スワローズの山田選手が放った3打席連続ホームラン――打ってほしいと期待され、その思いに、きっちりと応えた山田選手のすごさは、鳥肌が立ちました。これぞ、アスリートの凄さです。
優勝で沸き返るグラウンドで、工藤監督はじめ選手たちが、肋骨の骨折で戦線離脱した内川選手と熱い抱擁を交わしていたシーンは、見ていて胸が熱くなりました。これぞ、スポーツの持つ魅力です。
4番である内川選手の欠場は、戦力的に見ると、間違いなくマイナスでした。でも、それによって、ひとりひとりが、内川選手の分も、内川選手のために――と、心をひとつにしたことが、シリーズの勝敗を決める大きな要因になったような気がします。
――勝つためには、何が必要なのか?
答えはひとつではありません。体を鍛えることも、技術を磨くことも、頭を柔軟にしておくことも大切です。何が何でも勝つという強い気持ち。ギリギリの勝負を数多くこなすことで生まれる経験則も必要です。
その上で、誰かのために、あの人の喜ぶ顔がみたいからという想いがいかに大きいかを、あらためて気づかされた気がします。
あれは……04年10月29日のことでした。僕にダービー連覇の栄誉をプレゼントしてくれた第66回ダービー馬、アドマイヤベガが偶発性胃破裂のために急死。8歳という若さでした。

次ページ >> 【武豊】時に"思い"が勝敗を左右させる

【武豊】時に

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.