日刊大衆TOP 芸能

戦力アップ指数で見えた!プロ野球12球団2014年優勝力完全査定 vol.03

[週刊大衆01月27日号]

さて、ここからは戦力ダウン組。

阪神は補強策でことごとく失敗し、再びBクラス転落が危ぶまれているのだが、希望もある。
「韓国のセーブ王・呉昇桓(オスンファン)の獲得もそうですが、やはり掛布DCの指導力が大きい。昨季は本塁打数が断トツでリーグ最下位でしたが、今年は若手打線が爆発するはず」(阪神担当記者)

日本ハムと西武は、大幅な戦力ダウンが必至だ。
「日ハムは、先発外国人2人の抜けた穴が大きい。問題は二刀流選手・大谷の存在です。投手に専念すれば戦力アップに繋がるんですが……」(夕刊紙記者)

一応、今年は投手に重点を置いた育て方をするということだが、「まだ、そんな中途半端なことを言ってるんですか。早くどちらかに見切りをつけなきゃ、Bクラスから抜けられませんよ!」(江本氏)

投打の要が2人ずついなくなった西武の戦力ダウンも明らかだろう。
もっとも、「西武が獲った外国人投手は、なかなかいい補強です。レイノルズは日本向きの技巧派で先発。ボウデンはストレートで勝負するリリーフタイプです」(福島氏)

さて、最後は昨年日本一に輝いた楽天。
「マー君の穴は大きい。24勝はなかなか埋められないでしょう」(江本氏)とは衆目の一致するところで、V2どころかAクラスも厳しそうだが、打のほうでユーキリスというメジャーのスーパースターを獲得できたのは大きい。
「ホームランばかり狙う自己中心的なタイプとは対極で、常に手を抜かず全力でプレーする、いい選手です。活躍できるかどうかは体調次第ですが、大爆発の可能性も高い」(福島氏)

はたして実際の実力はいかに。開幕が待ち遠しい。

01月26日公開のvol.04につづく・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.