日刊大衆TOP 芸能

マツコがホームである2丁目の住人に嫌われるワケ

マツコがホームである2丁目の住人に嫌われるワケ

11月9日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でマツコ・デラックス(43)が最近、新宿2丁目でおきた悲しい話を披露し、村上信五(33)に同情される場面が見られた。
かつては2丁目にある出版社に勤めていたこともあるマツコにとって、そこはまさに原点といえる土地。しかし最近は仕事が忙しく、なかなか遊びに行けなかったのだという。
そんなある日、後輩がお店のママになったため、お祝いで2丁目へ行くことに。疎遠だったマツコは「決死の覚悟で! あたし行くの怖いわって言いながら」足を踏み入れたのだという。
そしておとなしくお店で過ごしたあと、帰りにタクシーを拾おうと道に立っていた時、事件は起きた。道の向こうから数人が挑戦的な目をしながら歩いてきたと思ったら「通りすがりに舌打ち」されてしまったのだ。この瞬間、キレてしまったマツコ。「もうどう思われてもいいから、舌打ちしただろ、コノヤロー!」と、相手を怒鳴りつけてしまったのだという。
相手はそのまま逃げてしまったらしいが、2丁目住人からは完全に嫌われていることを悟ったマツコ。「芸能界でダメになったら、2丁目でカウンターぐらいの店でも出そうと思ってたら……あたしなんか戻る場所なんてどこにもないわよもう!」と、真剣に嘆いていた。
なにかと義理が重視されるアッチの世界。2丁目住人にとって、顔をなかなか見せないマツコは、すでに違う世界に住む人間になってしまったのだろう。

マツコがホームである2丁目の住人に嫌われるワケ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.