日刊大衆TOP トレンドPICK UP

マイナンバー施行後でも出来る「副業」とは!?

マイナンバー施行後でも出来る「副業」とは!?

平成28年(2016年)1月から「マイナンバー」制度が活用される事になった。マイナンバー制度の導入に伴い、これまで会社に内緒で副業をしていた社員にとって、副業を辞めるか、会社にバレるリスクを承知で副業を続けるかの選択を問われているのである。
そんな状況で今、マイナンバー施行後も会社にバレずに副収入を稼げる副業としてサラリーマンや主婦から注目を集めているのがブログを使って稼げる広告収入だ。
ブログで広告収入を稼ぐと言ってもいまいちピンとこないかも知れないが、自分のブログに企業の広告を貼り付けて、広告がクリックされた回数や表示回数に応じて広告収入を得られるといったビジネスモデルだ。実際に本業で年収500万円をもらいながら、ブログで年間100万円以上を稼いでいるブロガーはたくさん存在する。
しかもブログで得た収入は、確定申告の際に副業分の住民税を自分で納税する「普通徴収」を選択すれば、会社にバレずに副収入を稼げてしまうのだ。
ブログなら誰でもお金をかけずに始められるし、マイナンバー施行後も会社や家族に知られずに稼げるといったメリットだけをみると注目されるのも頷けるが、一つだけ問題点がある。
それはブログのアクセス数(閲覧数)に応じて得られる広告収入が大きく異なる点だ。
芸能人のように知名度があれば、おのずとアクセス数も増えて稼げるのはわかるが、一般人がブログを始めた所で、多くのアクセスが集まる人気ブログを作るのはそんなに簡単な事ではない。毎日のブログ更新は当然の事、話題になりそうなネタを探して自分で考えて記事を書かなければならない。
その他の人気ブログをみても1日に何十回もブログを更新している場合もあるが、そもそも本業がある我々にはブログにそんな時間を割いている暇はない。実際にブログ副業を始めた実に8割以上の人が3ヶ月以内にやめてしまうというデータもあるのだ。
そこでたどり着くのが、ネット副業に革命を巻き起こしているサイドライン株式会社の「tool+(ツールプラス)」だ。
tool+」ならブログ副業の問題点となる、記事をいちから考えて作るといった面倒な作業を自動で行ってくれる上、話題性の高いニュースやTwitterの最新ツイートなどインターネット上の最新情報を瞬時に収集して記事を自動作成してくれるという。通常のブログ作成による手間が省ける上にアクセスが集まる記事を量産して広告収入が稼げてしまうというから驚きだ。
しかも、行う作業は「tool+」が自動作成した記事をコピーしてそのままブログに張り付けるといった簡単な作業のみ。パソコンを持っていない人でも、スマホやタブレットで利用できるため、通勤中や休憩時間などのちょっとした空き時間で気軽に作業できるから本業に支障をきたす事なく空いた時間で取り組める。
ネット副業が初めてという人でも、これまで3000名以上を成功に導いた実績のあるサイドライン株式会社の専門スタッフが利用者の画面を共有してリモート操作でサポートしたり、初期設定からアフターフォローまで1人1人に合わせたサポートが受けられるので全く経験のない初心者やパソコンが苦手な人でも安心だ。
さらに「tool+」で作ったブログから万が一、広告収入が得られなかった場合は60日間の全額返金保証があるというから、まさに至れり尽くせりとはこのようなサービスの事かもしれない。
「ネット副業に革命を巻き起こしている」という「tool+」だが、これ程のサービスが揃っていれば初心者でもすぐに軌道にのせる事ができるだろう。副業を検討中の人はもちろん、誰にも知られずに副収入を稼ぎたいといった人は、まずは「tool+」の資料を請求してみるといい。
資料請求は無料なので、導入はそれから検討してみても損はないだろう。
資料請求は以下から↓
tool+http://auto-sideline.com/hukugyou/)(AD)

マイナンバー施行後でも出来る「副業」とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.