日刊大衆TOP 社会

切れ味健在!橋下徹「最後のケンカ語録」

[週刊大衆11月30日号]

切れ味健在!橋下徹「最後のケンカ語録」

市長の任期満了までわずか。おのれの野望を果たすため後を託した2人の当選を狙い、政敵に噛みつきまくる。
大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長(46)が吠えまくっている。12月18日の任期満了に伴い、政界からの引退を表明している橋下市長にとって、今月22日投開票の大阪W選挙(府知事選・市長選)は、最後の戦い。そのせいか、街頭演説では完全にヒートアップ状態だ。
府知事選告示日の5日、橋下氏は支援する松井一郎現府知事の応援のため、難波の街頭に立ち、反維新で結束する自民、共産両党を痛烈に批判したのだ。まず、自身が府知事選に立候補した8年前を振り返り、「(あの頃の大阪府は)天下りがひどくて、借金だらけで首が回らず、教育環境もボロボロ。学力テストで大阪は全国でドベタの学力、体力テストもワースト1。普通、勉強できない子どもは運動できるもんなのに、どうなってるんですか!」と、今なお大阪が抱える問題を指摘。
「それを放置していたのが自民党から共産党までの、あの暗黒軍団の、デタラメやり放題のなれ合い政治ですよ」と自民、共産両党にケンカを吹っかけ、バッサリと斬って捨てたのだ。しかも、そのあと、「僕みたいなミサイル男がドカーンと爆発して暴れ倒して、改革をやって、壊しちゃいけないものまで壊し……やり過ぎはあったが、謙虚に言っても、少しは良くなったと思う」と自画自賛気味に橋下節を炸裂させた。8日には市長選の火蓋も切られ、橋下氏が支援する大阪維新の会・吉村洋文元衆院議員の応援で大阪市内を駆けずり回るようになると、まさに橋下氏“最後のケンカ節”が繰り出されていく。橋下氏の動向を取材するフリーランスライターの畠山理仁氏が、こう語る。
「橋下氏が選挙応援の際に必ず使う言葉が“自由共産党”。自由民主党と共産党を掛け合わせた言葉で、橋下氏いわく、“大阪の自民党、アレは自由共産党ですよ”と、今の呉越同舟ぶりを皮肉るや、聴衆がドッと沸く……そんな光景が繰り返されています」
なにしろ、「大阪都構想」を掲げた橋下氏には「自民、共産両党に潰された恨みがある」(府議会関係者)というのだ。

次ページ >> 切れ味健在!橋下徹「最後のケンカ語録」

切れ味健在!橋下徹「最後のケンカ語録」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.