日刊大衆TOP 芸能

志村けんとの“復縁”で吹っ切れた!? 優香「女優としての成長ぶり」

[週刊大衆12月07日号]

志村けんとの“復縁”で吹っ切れた!? 優香「女優としての成長ぶり」

「パンフレットには(年増と)書いてありますが、プロデューサーが、私の耳にはあまり入れないようにしているみたい(笑)」11月12日、京都の松竹撮影所で行われたNHK連ドラ『ちかえもん』(2016年1月14日スタート)の撮影会見で、そう茶目っ気たっぷりに語ったのは、女優の優香(35)。同作で“年増”の花魁(おいらん)を演じるのだ。

 アイドル誌ライターは遠い目をして、こう語る。「優香がベテラン花魁を演じるなんて、隔世の感がありますね。今も目を閉じると、パツパツのバストを小さな水着に押し込んで、熱湯風呂に挑戦していた17歳の頃の初々しい姿が浮かんできます」

 そんな優香だが、「ここにきて、いろいろなものが吹っ切れたのでは……」と言うのは、芸能プロ関係者。「30歳で女優業に本格進出した彼女は、悩んでいるようでした。グラビア、バラエティでやってきた優香は、綾瀬はるか、深田恭子ら同じ事務所の後輩に比べ“遅れている”という焦りみたいなものがあった。それが、この5年の歳月で、女優として地に足が着いてきたんだと思います」

 そして、もう一つ吹っ切れたものとは“恋”だ。「ロックバンド『ザ・ピロウズ』の山中さわおとの交際話もありましたが、彼女の中でどうしても忘れられなかったのは、04年に熱愛を報じられた妻夫木聡。優香は妻夫木にゾッコンでしたが、結果的に柴咲コウに取られる形で破局してしまった」(女性誌記者)

 以来、彼の存在を引きずっていたという彼女だが、ここに来て“変化”が見えるという。その理由を、女性誌記者はこう続ける。「妻夫木と女優のマイコの結婚が近いと言われているんです。早ければ年内もあるとか。優香と妻夫木は同じ事務所ですから、その状況は、前から彼女の耳に入っていると思いますよ」

 そんな新生・優香を象徴するのが、一度は袂を分かった志村けんとの“復縁”。「優香は、志村さんと長年共演してきたフジテレビの深夜番組を、14年春に降板しています。ですが、先の10月の特番『志村けんのバカ殿様』(フジ系)に出演して、殿と“あうんの呼吸”の絡みを見せた。深夜番組への復帰話も聞こえてきますし、今後も志村さんといい関係を続けながら、女優業を邁進してくれると思いますよ」(前出の芸能プロ関係者)——古い殻を脱ぎ去った優香が、花魁役で“もうひと肌脱ぐ”のを期待したい!

志村けんとの“復縁”で吹っ切れた!? 優香「女優としての成長ぶり」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.