日刊大衆TOP 芸能

メジャーが狙う意外な選手とは?「500億円の侍ジャパン戦士」完全リスト

[週刊大衆12月07日号]

メジャーが狙う意外な選手とは?「500億円の侍ジャパン戦士」完全リスト

 野球世界一の座を巡り奮闘した我らが日本代表。スタンドで密かに陣取っていたメジャースカウトの真の評価は!?

「プレミア12」と聞いて、最初は「なんだ、それ?」と思った人も多かったに違いない。だが、野球世界一を決定する同大会は、日本野球の実力を再確認させてくれた。テレビ中継は毎回、高視聴率を叩き出し、野球というコンテンツの底力を知らしめたのだ。圧倒的な強さを見せた侍ジャパンに注目していたのは、日本の野球ファンだけではない。実は、メジャーリーグのスカウトたちからも熱い視線を集めていた。

 野茂英雄に始まり、ダルビッシュ有、田中将大という投手陣、また、イチローや松井秀喜など、これまで数多くの日本人選手が海を渡り、大きな足跡を残してきた。そして現在の侍ジャパンには、彼らに続く未来のメジャーリーガーたりうる逸材が、ズラリと顔を並べているのだ。

 2人のスカウトを「プレミア12」に密着させていたというドジャースのザイディGMが、「うちが注目しているのは日本の投手。クォリティの高い投手が揃っているから」と明言するように、特に、メジャースカウトの熱視線を集めていたのが、侍ジャパンの投手陣。中でも大会終了後、ポスティングで即、メジャーと契約するといわれているのが、マエケンこと前田健太(広島)だ。

 すでにワッサーマン・メディア・グループのアダム・カッツ氏と代理人契約を結んでいることから、今オフのメジャー行きは既定路線と捉えられている。実は昨年、渡米するつもりだったマエケンだが、広島がポスティングを認めず、「エースらしい働きをすれば」という条件つきで、1年延ばしたという経緯がある。広島はBクラスだったが、最多勝のタイトルを獲り、沢村賞を受賞。今年は広島もメジャー行きを認めるに違いない、といわれているのだ。

「ダイヤモンドバックス、ドジャース、ヤンキースなどがマエケンを狙っていると伝えられています。契約金は田中将大の7年190億円(現在のレート=以下同)には届かないものの、ダルビッシュの6年73億円と同等か、それ以上の評価を得る可能性があります」(スポーツ紙デスク)

 このマエケン以上にメジャーが高く評価しているのが大谷翔平(日本ハム)。大リーグ評論家の福島良一氏によれば、「若さ、素質、実力、将来性、どれを取っても群を抜いています。田中将大以上の評価を得るのは当然だと思います」と太鼓判を押される大谷。

 通常なら2019年まではメジャー挑戦はできないのだが、「彼の場合は日ハム入団時に、球団と“最短で5シーズンを終えたらポスティングを行う”という密約があるといわれているんです」(専門誌記者)というから、早ければ再来年にも、彼の160キロ豪速球がメジャーの舞台で見られるかもしれない。専門誌記者は続ける。「プレミア12でも投げていた彼の高速フォークは、メジャーの強打者でも絶対に打てない。そもそも、メジャーではフォークを投げるピッチャーが稀なのに、大谷の場合は、147キロで落ちてくる。成功するのは間違いないでしょう」

 一方、大谷のライバルと目される藤浪晋太郎(阪神)は、右肩炎症のため今回の侍ジャパンを辞退したものの、相変わらずメジャースカウトからの評価は高い。「藤浪には高校時代からメジャーが注目していますし、当時は大谷よりも評価が高かったくらい。今でも、その評価は落ちてはいません。198センチとメジャーが好む長身選手であり、速球も変化球も素晴らしいものを持っている。今年の奪三振王でもあるうえ、年齢も若い。マエケン以上に評価されているはずです」(福島氏) 阪神がポスティングを認めていないため、現状ではFA権を獲得するまでは、メジャー移籍の可能性は低いが、藤浪がその年齢まで待っていられるかどうか。

次ページ >> メジャーが狙う意外な選手とは?「500億円の侍ジャパン戦士」完全リスト

メジャーが狙う意外な選手とは?「500億円の侍ジャパン戦士」完全リスト

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.