日刊大衆TOP 芸能

哀川翔に清木場俊介、釣りにハマりすぎて「ほぼプロ状態」の有名人たち

哀川翔に清木場俊介、釣りにハマりすぎて「ほぼプロ状態」の有名人たち

 釣り好きな有名人といえば、300キロ超えの巨大なマグロを豪快に釣り上げた、俳優の松方弘樹(73)を思い浮かべる人が多いだろう。しかし、彼以外にも釣りにハマりまくって、地元の釣り人と間違われてしまいそうな有名人たちがいるのだ。

●城島健司(39・元プロ野球選手)……現役の頃から磯釣り好きで、シーズンオフはおろかシーズン中でも暇を見つけては、釣りに出かけるほどだった。2012年に引退したあとは、野球関係の仕事は一切せず、釣りとゴルフの番組を福岡と長崎のテレビ局で1本ずつやるという、プロ野球OBとしては特殊な生活を送っている。福岡のファンにホークスのことを聞かれると、「僕に野球の話を聞かないで下さい。その代わり今どこの磯でどんな魚があがってるかは全部教えます!」と目を輝かせて答えたそうだ。また、九州・中国地方のローカル釣り雑誌『釣ファン』(ケイエス企画)の表紙を飾ったり、記事内で「ホークスの城島選手」ではなく、地元の釣り名人として「佐世保市の城島さん」と掲載されたこともある。指導者として期待していた野球ファンの間では、「釣り業界にFAされてしまった」と惜しむ声が多い。

●清木場俊介(35・シンガーソングライター・元EXILE)……バス釣りや海釣りにハマっていて、音楽情報サイトのインタビューでこの10年間でハマったことを聞かれると、「1位は釣り」「釣りは飽きることがないですね」と答え、冬の磯釣りの楽しさについて熱く語っていた。昨年開催された釣りの祭典『ジャパン・フィッシング・フェスティバル2014』では釣りファンの拡大に貢献したことを表彰され、コメントを求められると、「去年の冬に62センチの尾長グレが釣れた。最高だった」と釣果を自慢。一番美味しかった魚はという質問には「30キロのクエです。クエは余す所なく食べられるので、ウロコもせんべいのように揚げて食べました」とウットリと話していたそうだ。自身の公式サイトでは、ライブや新譜のリリース情報と一緒に、釣り番組『釣り百景』(BS-TBS)の出演情報も並んでいる。

●伊勢正三(64・シンガーソングライター・元かぐや姫)……虫などの疑似餌を使うフライフィッシングにハマっていて、毛針から手作りする凝り性。フライ専門雑誌の取材を何度も受けていて、表紙も飾ったこともある。ラジオ番組『ピートのふしぎなガレージ』(JFN系)のフライフィッシング特集の回にゲスト出演したとき、「魚が食べているモノに興味を持ったのが、僕がフライフィッシングを始めたきっかけ」「毛針は自分で作る。それをやらないとフライフィッシングをやる愉しみの半分を放棄したことになってしまう」とこだわりを語っていた。また、『笑っていいとも』(フジテレビ系)のテレフォンショッキングに出演した時には、手製のアリを模した毛針をタモリ(70)に見せて自慢していた。

●哀川翔(54・俳優)……昆虫飼育が趣味で「カブトムシ愛好家」として知られているが、仕事よりも釣りを優先してしまいそうな釣りマニアでもある。家族で釣りに行くこともあるそうで、30日間連続で三浦半島へ釣りに行ったとき、31日目も行こうとしたら、子供に断られたそうだ。また、愛知県の三河湾へたびたび釣りで訪れていることから、親交がある大村知事から、2011年「あいち三河湾釣り大使」に任命されている。

次ページ >> 哀川翔に清木場俊介、釣りにハマりすぎて「ほぼプロ状態」の有名人たち

哀川翔に清木場俊介、釣りにハマりすぎて「ほぼプロ状態」の有名人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.