日刊大衆TOP 芸能

本誌記者Hは見た!芸能人“スクープ”目撃談4連発

[ヴィーナス12月04日号]

本誌記者Hは見た!芸能人“スクープ”目撃談4連発

 9月22日、東京ドームで行われたデーゲーム、巨人VS阪神戦は、ペナントレースの天王山。前日、自力優勝の可能性がなくなった阪神の打線は爆発することなく、3-0で巨人の勝利となった。この日の夕刻、怒りを噛み殺し、阪神ファンの記者は、関西方面の取材に行くべく新幹線へ乗車。車中、尿意を催し、オシッコをしようとトイレに向かうも、小太りの男がずいぶんと長い小便をしていて、用を足すことができない。

――なんだ、コイツ? その後、喫煙室に向かうと、先ほどの小太りの男が帽子を目深に被り、こちらと目線を合わせようともせず、タバコを吸っている。

――誰だ? と見ると、なんとなんと、オール阪神・巨人の阪神師匠! ジーパンにネルシャツと、小綺麗な恰好だ。加えて、師匠が戻った席の前にいたのは、巨人師匠。台本を山積みにして、ひたすら読み込みを続ける巨人師匠に対し、タバコとトイレばかりで、全然落ち着かない阪神師匠。お笑い界の仕事ぶりでも、野球界でも、巨人と阪神の差は大きいな。2人は新大阪駅で、仲良く降車。

 翌日午後、新神戸駅から東京方面の新幹線に乗ろうとホームに佇んでいた折、またタバコが吸いたくなった。ホームの喫煙室に向かうと、ド派手な服を来たオバチャンが。しかも、こっちの視線を気にしている。

――誰だ? そのとき、「×××ちゃん、ちょっと、さっきの荷物、大丈夫?」と“お付きの人”に、そのオバチャンがしゃべりかけたのだが、その神秘めいた声はまさに「SK-Ⅱ」のCMそのもの。桃井かおり本人だ! そのまま品川駅まで乗車していきました。結婚も発表したばかりの桃井ねえさん、どうか、お幸せに。

 時は遡り、9月17日。“お好み焼き”を食べようと、観光旅行に広島を訪問した折のことだ。百貨店「パルコ」の前に妙な人だかりが発生。

――なんだ、この人だかりは? 事件か? 人ごみを掻き分け、前に進むと、ひときわ小さな、それでいて、ひときわオーラを放つ人物を中心とし、テレビ番組の撮影らしき現場が組まれていた。

――誰だ? 教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹先生! それにしても、楽しそうだ。この日は広島の小学生を相手に環境教育の授業をし、ピザ、お好み焼きを堪能。さらには、料理教室で環境に優しい料理を作ったりと、広島を満喫したようです。

 東京へ戻り、有楽町。松竹の映画試写室で、エレベーターから出て来た男性に見覚えがあった。「次の会の(試写を)見るわ!」と大声で、知人のスタッフらしき人物に言っている。

――誰だ? 見間違えるはずもない。おすぎ、であった。

本誌記者Hは見た!芸能人“スクープ”目撃談4連発

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.