日刊大衆TOP 芸能

結婚で未練なし…堀北真希「来春、芸能界引退」へ

[週刊大衆12月21日号]

結婚で未練なし…堀北真希「来春、芸能界引退」へ

「もう彼女には芸能界への未練はないでしょうから、引退も近いはずですよ」芸能ライターがこう話すのは、8月に俳優の山本耕史(39)と電撃婚した堀北真希(27)のことだ。「2人の結婚は、交際0日という異例のスピード婚だったことや、山本が40通以上のラブレターを送る猛烈なアプローチをかけていたことが判明したこともあって、大きな話題になりました」(スポーツ紙記者)

 ただ、交際期間ナシでの結婚という離れ業に、当初から“うまくいくはずがない”との声も多かった。「同居後、早々にケンカしたとも伝わっています。山本は新撰組の大ファンで、自宅に大量の関連グッズを所有していることで有名だったんですが、潔癖症の堀北が、その雑然さに我慢できず“なんとかして!”とブチ切れたといいます」(前出の芸能ライター)

 さらに、堀北が不満を募らせたのが、新居のマンションに、山本の“元カノ”が住んでいるということ。「2人が新婚生活を始めた都内の高層マンションには、2006年に山本と交際が報じられた上原多香子(32)が住んでいるんです。堀北に代わって、山本の母親が“あんた、どういうつもりなの!?”と詰め寄ったそうで、山本が意図して、そこに引っ越したかどうかは分かりませんが、堀北の心中が穏やかではないことは確実ですね」(前同)

 だが、そんな不仲説を吹き飛ばすかのように、11月には、一部週刊誌で仲睦ましい姿が激写された。「2人は自宅近くのスーパーで仲良く“手つなぎ買い物デート”を楽しんでいました。新婚らしい初々しい姿でした」(同) 確かに、堀北はテレビの情報番組などで「(山本が)ご飯をよく作ってくれます」「家のこととかも協力して一緒にやってくれる」とノロケを連発している。「一連の不仲報道も、新婚夫婦にはありがちな、ささいなケンカだと思います。夫婦仲より心配なのが、堀北の今後です」(同)

 このライターが表情を一変させる、その内容とは、芸能界で現在ささやかれている“堀北が来春で芸能界を引退する”との噂だというのだ。「堀北は、来春で事務所との契約が切れるんですが、更新はしない意向のようです。事実、結婚発表と同時に、ファンクラブを休止するなど、引退への“身辺整理”を着々と進めているとみられています」(同)

 人気・実力ともに、トップ女優の堀北が簡単に引退できるとも思えないが……。「所属事務所は、まだまだ稼げる看板女優ですから、引き止めたいところでしょうが、堀北の事務所への信頼が大きく揺らいでいるといいます。彼女は最近、代理人を通してしか事務所の人間と連絡を取っていないといいますからね」(芸能プロ関係者)

 両者の関係に亀裂が入ったのは12年。堀北の親友で、同じ事務所の黒木メイサ(27)と赤西仁(31)の“デキ婚”だったという。「黒木は結婚を許してもらう条件として、“今後、事務所からの仕事は一切断らない”との念書を書かされたとか。それを知った堀北が不信感を募らせたらしいんです」(前同) それに追い打ちをかけたのが、かねてから噂されていた男性アイドルとの関係だったという。「堀北と彼の交際は、半ば公然の秘密。事務所側も把握していたようです。ただ、事務所からは交際に関して、事あるごとに咎められていたそうです。こうしたことが積み重なり、不信感が増したようです」(同)

 山本との結婚も、その男性アイドルとの破局後、落ち込んでいた時期にアプローチされ、心が動いたとの話もある。「堀北はもともと、結婚願望が強く、周囲に“結婚して、早く子どもが欲しい”と打ち明けていた。結婚した今は、引退して、普通の主婦になりたいと思っていてもなんの不思議もありませんよ」(芸能ライター) あの清楚な美貌が今後、テレビで拝めなくなるのは残念だが、本誌は彼女の幸せを願っております!

結婚で未練なし…堀北真希「来春、芸能界引退」へ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.