日刊大衆TOP 娯楽

【競馬】勝った日経賞の再現なるか? 一発狙いでアドマイヤデウス「データ予想 須田鷹雄」

[週刊大衆12月28日号]

バナー

「その年の中山GⅡで好走した馬を買う」というのが、有馬記念の予想における私の方針の一つだ。昨年は古馬に良い該当馬がいなかったので、GⅡ・弥生賞1着と好走した当時3歳のトゥザワールドを本命にした。すると9番人気ながら2着に食い込み、馬連は万馬券、3連単は10万馬券となってくれた。

 例年、有馬記念は東京開催の天皇賞・秋からジャパンCを戦ってきた馬の参戦が多い。しかし、コース替わりで中山適性が要求されるようになる。そこで、年によっては「中山巧者の穴馬」が活躍するのだろう。

 今年の有馬記念出走想定馬の中で、今年の中山芝GⅡの勝ち馬はキタサンブラック(スプリングSとセントライト記念)、ショウナンパンドラ(オールカマー)、アドマイヤデウス(日経賞)の3頭だ。面白いことに、すべて3番人気以下での勝利。それが逆に、コース適性での勝利を感じさせる。このうち★キタサンブラックは菊花賞優勝から、▲ショウナンパンドラはジャパンC優勝からの直行となるので、穴にはなりようがない。また★には3歳馬が初めて古馬に挑む難しさがあり、▲には牝馬の秋4戦目で状態維持の難しさがある。

 そこで、ここは穴狙いの◎アドマイヤデウスから入りたい。アドマイヤデウスは故障明けの天皇賞・秋は状態がいまひとつ。ジャパンC時の調教は明らかに良化していたが、1コーナーで弾かれたうえに先行馬総崩れの展開にも泣かされた。同馬が勝った日経賞は中盤が極端に緩んだ後、残り1000メートルからロングスパートとなった競馬。同じような展開になれば、大逆転は可能だ。GⅠとはいえ、連続2ケタ着順からの参戦なら人気薄となるだろう。

 それ以外では、やはり期待したくなるのが○ゴールドシップ。ジャパンCは不向きな東京コースのうえに、陣営も不本意だったというまくる競馬になり、良さが出なかった。中山の馬場状態にもよるが、一か八か馬群をさばく形になれば復活も可能。人気が落ちる今回はリスクを取る競馬もできる。

■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

【競馬】勝った日経賞の再現なるか? 一発狙いでアドマイヤデウス「データ予想 須田鷹雄」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.