日刊大衆TOP 娯楽

井崎脩五郎 “安倍”政権の有馬介入

[週刊大衆12月28日号]

「安倍政権の有馬介入」。そういう怪説を、競馬風俗研究家の立川末広が言い触らしている。事の始まりは、3年前の有馬記念だという。この有馬記念の3日後に第二次安倍政権は発足するのだが、もうすぐ発足ですよと言わんばかりに、1頭の馬が出走してきた。ネヴァブションである。

 この馬は、父親の名と自分の名前を並べると、3文字目が「アベ」なのだ。

 父 マー(ベ)ラスサンデーネヴ(ァ)ブション

 3日後に安倍政権発足だから、この枠はくさいなあと思っていたら、案の定だった。3枠馬は、ネヴァブションが16番人気、オーシャンブルーが10番人気と、ともに人気薄だったのだが、オーシャンブルーが直線内から鋭く追い込んできて2着したのだ。

 つづいて2年前の有馬記念は、安倍の“安”の字を持つ、安達厩舎のデスペラードが出てきて、同枠のオルフェーブルが1着。このとき2着にきたのはアベの“ア”の字を持つウインバリ(ア)シオンだった。

 そして昨年は安倍晋三の“三”がキーワードだった。3番ワンアンドオンリーの同枠馬(ジェンティルドンナ)、これと3枠馬(トゥザワールド)のワンツーだったのである。この勢いだと、今年はこの馬。

 (シ)ョ(ウ)ナ(ン)パンドラ

 イケ(ゾ)エ騎手

 ご覧のとおり、シンゾウ(晋三)の4文字がすべて揃っている。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

井崎脩五郎 “安倍”政権の有馬介入

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.