日刊大衆TOP 芸能

「色っぽい下着つけたら?」有吉弘行の“セクハラ発言”に人気韓国人モデルが赤面

「色っぽい下着つけたら?」有吉弘行の“セクハラ発言”に人気韓国人モデルが赤面

 12月10日放送の『櫻井有吉のアブナイ夜会』(TBSテレビ系)にモデルのBaeK(ベック)が出演。不思議ちゃんキャラである彼女に対し、有吉弘行(41)からセクハラ発言が飛び出した。この日は他に橋本マナミ(31)、マギー(23)が出演していたのだが、BaeKはその2人に聞きたいことがあるのだという。それはズバリ、恋の相談。どうすれば早く彼氏ができるのか、というものだった。実は現役の美大生であるBaeK。実は同級生に好きな人がいるのだが、照れ隠しでつい関心のないフリをしてしまい、なかなか上手くいかないのだという。これに対しマギーは「恥ずかしさは取っ払うしかない」と年下にもかかわらず冷静に答えたのだが、BaeKは「傷つきたくない!」と、まるで子どものように拒否をしていた。

 この天然キャラに食いついてきたのが有吉。「キスしたことないの?」「色っぽい下着つけてみたら?」と続けてかまし、BaeKから「変態!」「セクハラ!」と拒まれていた。——空気が読めないところはあるが、反応の良さはバラエティ的に重宝されているBaeK。有吉が嬉しそうに突っ込みを入れていたところを見ると、来年あたり有吉の冠番組で姿を見かけることが多くなるかも?

「色っぽい下着つけたら?」有吉弘行の“セクハラ発言”に人気韓国人モデルが赤面

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.