日刊大衆TOP 芸能

「貧乏アピール」まで開始したマギー、いったいドコに向かっている?

「貧乏アピール」まで開始したマギー、いったいドコに向かっている?

 12月10日放送の『櫻井有吉のアブナイ夜会』(TBSテレビ系)にモデルのマギー(23)が出演。「今年花開いた美女たちが人生の恩人と再会する夜会」という企画に参加し、一番つらかった時代に支えてくれた親友に会いに、地元・横浜市中区山下町を訪れた。

 マギーはまず、父親が経営するレストラン「Luna」を訪問。2歳の時に両親が離婚して父に引き取られたため、生活は貧しく、障子がボロボロで隙間風が入る木造住宅で生活。いつもギリギリで食事はもやしが中心。「ガイコツ」というアダ名で呼ばれていたという。学校でいじめられ、居場所がなかったマギーを支えてくれたのは、同じ塾に通っていた美咲さん。2人だけでちゃんと話すのは8年ぶりで、マギーは「自分のことを本気でわかってくれるのは、美咲だけ」であり、「美咲さんのおかげで今の自分がある」などと語った。

 これに対しネットでは「マギーってよく見ると面白い顔してるよなw」「マギー染めてんだな」「マギーって中学の時全然モテなかったって言ってたけど、これ見たらわかる」などのコメントが。「いじめから救ってくれた親友と8年も会ってないという事実wwwww マギーの性格の悪さがよくわかるわ」という意見もあった。

「先日、くみっきーことモデルの舟山久美子(24)が昔の貧乏ネタを披露して、好感度をかなり上げました。マギーもその線を狙ったのかもしれませんが、今回のエピソードの薄い貧乏アピールは少々やり過ぎかもしれません。すでにモデル業で成功していながら、美意識の高さを全力でアピールする一方で、男性ファンを意識した色っぽいグラビア写真集を出すなど、とにかく全方位に好かれようとするのがマギーの特徴。いまさら貧乏ネタを出す必要もないかと思いますが、とにかく世間に好かれたがるのが不思議です。モデルは心が不安定なコが多いんですが、好感度が下がった時の精神状態が心配になってしまいますね」(女性誌記者)――何事にも全力で頑張ってしまうマギー。頑張りすぎて息切れしないように注意してもらいたい?

「貧乏アピール」まで開始したマギー、いったいドコに向かっている?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.