日刊大衆TOP 社会

ビックリ事件大連発!? 中国・韓国「珍ニュース」年末総集編

[週刊大衆12月28日号]

ビックリ事件大連発!? 中国・韓国「珍ニュース」年末総集編

 海の向こうの両国には想像を絶するハチャメチャな事例が盛りだくさん。トップから市井の話題までまとめて放出!

 これは夢か、現実か!? というのも、12月に入った中国・北京では、日本では信じられない光景が広っていたからだ。汚れた大気が上空に厚い層を作り、街中が薄暗く、高層ビル群がかすんで見えない。室内にも汚染物質が入り込み、異臭まみれ――。

 12月7日、北京中心部のPM2.5(微小粒子状物質)の濃度が「重度汚染」のレベルに達したとして、当局は、最悪を意味する「赤色警報」を初めて発令した。「利益優先で経済発展させてきたツケが回ってきたんです。日本でも、この中国発の大気汚染の影響は深刻ですが、中国人に話を聞くと“空気に国境はないから”と、自分たちが近隣諸国に汚染物質を撒き散らしているにもかかわらず、反省の色はゼロですよ」(北京在住のビジネススマン)

 相変わらずのゴーマンぶりだが、今年も隣国の中国・韓国は、ビックリ仰天の事件を大連発。やはりとんでもない国で、一年を振り返ると、思いもよらない「アホバカNEWS」があるわ、あるわ。ビックリ事件の大連発なのだ。

 8月、中国・天津市の倉庫で大規模な爆発が発生した事件は、その典型だろう。「当局発表では173人もの犠牲者を数えた大事故にもかかわらず、いまだ原因は特定できず。さらに先進諸国を唖然とさせたのは、事故原因究明の最中、当局が、その現場責任者の身柄を拘束したことです」(外務省関連スタッフ)

 中国政府は「事故対応チーム」を編成し、楊棟梁・国家安全生産監督管理総局長をチーム責任者として現場に派遣したものの、突如、「重大な規律違反と違法行為」があるとして、楊氏は現場から連れ去られたというのだ。「事故処理の最中に、現場責任者がいきなり失脚させられるとは前代未聞の珍事。一説によると、楊氏は習近平国家主席の政敵ともいわれていますが、再発防止のために事故原因の特定を急いでいるのに、その作業を妨害するとは……。あまりにムチャクチャですよ」(前同)

次ページ >> ビックリ事件大連発!? 中国・韓国「珍ニュース」年末総集編

ビックリ事件大連発!? 中国・韓国「珍ニュース」年末総集編

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.