日刊大衆TOP 芸能

宮迫博之「うるせーバカッ!」 ツイッターで、一般人と揉めて炎上した芸能人たち

宮迫博之「うるせーバカッ!」 ツイッターで、一般人と揉めて炎上した芸能人たち

 一般人との距離を縮める手軽なコミュニケーションツールとして、芸能人も多く利用するツイッター。ロンブーの田村淳(42)などはこのブームに真っ先に食らいついたクチで、自身のツイッターで「いま○○にいます」などと書き込み、集まったファンと記念撮影。ネット番組の企画にするなど、実際の仕事にも繋げている。そのいっぽうで、ツイッターの書き込みが発端となり、ユーザーと揉める芸能人も少なくはない。最近では「芸能人のツイッター疲れ」も話題になっているほどだ。ある意味、芸能人の素が見られるツイッターで、ユーザーとトラブルになった芸能人をまとめてみた。

●雨上がり決死隊・宮迫博之(45)……2012年、新幹線の切符をなくしてしまい、JRの駅員に切符代を払えといわれたことを「人情はないのか」とツイート。当然、一部のユーザーから批判が寄せられたが、それに対する宮迫の返しが「うるせーバカッ!」「つまらない人生を送ってください」などと幼稚すぎたため、大きく株を下げるハメに。「見損なった」「自分のツイートが世界に発信されてる自覚はないのか」という声が多く上がった。

●フィフィ(39)……在日外国人への非難や日本びいきの発言など、政治的なツイートの連投で、しょっちゅう炎上している外国人タレント・フィフィ。昨年は『NEWS ZERO』(日本テレビ系)での嵐・櫻井翔(33)の発言が「デタラメ」だとしてツイッターで苦言、これが嵐ファンの逆鱗に触れ、ツイッターを一時休止するまでの騒動となった。闘う相手を間違った!?

●乙武洋匡(39)……スポーツライターでベストセラー『五体不満足』(講談社)の著書で知られる乙武。ツイッターでは「百手先まで見るのが羽生さん、一手もないのが僕」など自身の個性を逆手にとったユーモア溢れる書き込みでイメージを上げていたが、飲食店で入店拒否されて以来、雲行きが怪しくなってしまった。ことのなりゆきはこうだ。2013年、知人女性と行った銀座のイタリア料理店で店主から「ほかのお客様の迷惑になる」と入店を断られた乙武が「屈辱」としてツイッターで名指し批判。すると、「店が100%悪い」「有名人が店名を公表するなんて」と賛否両論飛び交う事態へと発展した。最終的には、レストラン側と乙武側の双方、謝罪文を公表することで和解とはなったが……それでも、一般ユーザーには何となくモヤモヤが残ったのだった。

●中川翔子(30)……猫好きで有名なしょこたんには動物がらみの炎上が続いている。昨年、「捨て猫を保健所に連れていきました」という一般ユーザーに「保健所に連れていくなっ」としょこたんがリプライを飛ばしたのをキッカケに騒動へ発展。しょこたんは「言葉遣いが悪かったです」とすぐさま謝罪したが、叱責されたユーザーはアカウント削除するまで追い込まれた。さらに炎上はしょこたんプロデュースのブランドにも飛び火。動物好きを売りにするしょこたんが、このブランドの洋服にはうさぎの毛皮を使ったことがあり、過去に動物愛護者から反感を買っていたのだ。そのことを再びやり玉にあげられ、「矛盾だ」としてさらなる炎上に繋がってしまったのだった。ブログやツイッターなどを頻繁に更新しているしょこたんだが、何事もホドホドが肝心ということかもしれない。

次ページ >> 宮迫博之「うるせーバカッ!」 ツイッターで、一般人と揉めて炎上した芸能人たち

宮迫博之「うるせーバカッ!」 ツイッターで、一般人と揉めて炎上した芸能人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.