日刊大衆TOP 芸能

新垣結衣『掟上今日子』で開花した『漫画実写化女優』としての意外な才能!?

新垣結衣『掟上今日子』で開花した『漫画実写化女優』としての意外な才能!?

 新垣結衣(27)が主演を務める『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)が、12月12日に最終回(第10話)を迎え、視聴率も10.5%と4話目以降久々の2桁台で幕を閉じた。番組終了後、視聴者からも「キャピっとしたガッキーも見納めか」「やっぱり最後くらいあのガッキーをしっかり見とかないと」「最終回は面白かったが、全体を通してガッキーがとにかく“かわいい”の一言」と、主演の新垣結衣を中心に、同ドラマへの高評価の感想が目立った。

「ガッキーの『白髪メガネ姿』『太もも披露』などがかなりの話題を呼び、初回は12.9%とまずまずの滑り出しでした。しかし、中盤以降は1桁台を記録し、7.2%にまで低迷してしまい、『ガッキーは視聴率はとれない女優』なんて声まで内部で上がっていたんですが、どうやらその汚名は払拭されたようです。いままでのガッキーの役どころはクールで清純な役が多かったんですが、『掟上』の奇抜なキャラは、ドラマの製作側のにとっても斬新なハマり方を見せてくれましたね」(芸能記者)

 小栗旬(32)や綾野剛(33)といったように、これまで男性俳優には『漫画実写化俳優』と称される俳優が何人も活躍するが、女優では目立った人物がいない。同ドラマで成功した新垣が、来年以降の『漫画実写化女優』の座を獲得するのではないかと前述の記者は予想している。

「今回のドラマで証明したように、ガッキーは『ビジュアル良し』『演技も良し』『アクションが出来る長い手足を持つ』、そしてなにより『コスプレ映えする』という実写化女優の条件にピタリとハマります。現在、色んな会社が実写化企画を進めてる最中ですが、2016年以降はしばらく漫画やキャラ小説を原作とした作品への出演オファーが後を絶たないでしょうね」(芸能記者)

『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)に続き、『掟上今日子の備忘録』も評価され、奇抜な役がつづく新垣結衣。来年以降、意外な役でスクリーンを席巻する姿が拝めるかも知れない。

新垣結衣『掟上今日子』で開花した『漫画実写化女優』としての意外な才能!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.