日刊大衆TOP 芸能

水卜麻美アナ「ジャニタレと密会」でピンチも“復活愛の兆し”アリ

[増刊大衆12月27日号]

水卜麻美アナ「ジャニタレと密会」でピンチも“復活愛の兆し”アリ

「発覚当初はジャニーズ事務所が抗議してきたり、局内でも“職権乱用だ”や“調子に乗っている”と大騒ぎでした。ミトちゃんの降板は避けられないと思います」日本テレビ関係者がこう語るのは、“ミトちゃん”こと水卜アナと関ジャニ∞・横山裕(34)の密会報道後の社内の様子。どうやら彼女の処分は最悪の場合、横山と共演中の『ヒルナンデス!』をはじめ、すべてのレギュラー番組から外れる可能性もあるという。

 水卜アナは現在『ヒル~』以外にも、『幸せ!ボンビーガール』や『有吉ゼミ』などの人気番組を担当中で、すべて降板となると局のダメージも大。そのためか、彼女の処分は保留中だ。スポーツ紙デスクは、こう語る。「ジャニーズ事務所を怒らせたのがマズかった。あそこは何度か、所属タレントと熱愛沙汰になった局アナを追い込んできたからね。処分保留は、日テレの親心だと思う。“ほとぼりが冷めるまで”ってやつだよ」

 一方で彼女に同情的なのは現場のスタッフたちだ。「ミトちゃんは深夜のラーメンにも気さくにつき合ってくれるし、スタッフの評判がムチャクチャいい。ヘコんでいる姿を見ると慰めたくなる」(番組スタッフ)——聞けば、すでに“ミトちゃんを励ます会”が数回催され、2014年1月に深夜のホルモン焼きデートを報じられた報道局の“元カレ”も、同席していたとか。ひょっとすると「水卜、まさかの復活愛!」なんて見出しが、メディアを賑わせることになるかも!?

水卜麻美アナ「ジャニタレと密会」でピンチも“復活愛の兆し”アリ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.