日刊大衆TOP 社会

橋下徹が密かに練る「中国&韓国ブッ潰し」絶壮計画書 vol.2

[週刊大衆09月10日号]

さらに、これに石原都知事も加われば、中国、韓国にとっては、天敵ともいうべきメンバーが新勢力として台頭することになる。
「大阪維新の会は憲法9条の改正や徴兵制導入に前向き。また、合流に色気を見せている安倍元首相はバリバリの集団的自衛権行使論者。まさに、橋下維新の掛け声で、"真正"保守陣営一大結束の様相です」(政治評論家・浅川博忠氏)

近々の"橋下首相"誕生が夢ではなくなったいま、橋下氏は四面楚歌状態にある日本外交を、どう立て直そうというのだろうか?
「先日、橋下氏は韓国側が執拗に迫っている慰安婦問題で"証拠を出せ!"と声を荒げました。これは、竹島問題で横暴の限りをつくす韓国側への強烈なしっぺ返しです」(前同)

もともと、橋下氏は日の丸や君が代問題で巨大組織・日教組相手に一人、全面対決したこともあるバリバリの右派だ。
「そんな彼が日本のリーダーとなれば、対韓・対中外交は"かなり厳しい"ものとなることは容易に想像できます」(同)

外交アナリストのエリオット・J・シマ氏も、「中国や韓国は、橋下氏を生粋のナショナリストと見ています。彼が天下を取れば、領土問題で一歩も引かないことはもとより、歴史認識問題でも徹底した検証・調査で白黒をハッキリさせようとする。中・韓にとっては注視せねばならない政治家になっています」

さらに、橋下氏の経歴からも、中韓両国は、日本の新リーダー候補を次のように分析しているようだ。
「弁護士出身ですからね。慰安婦などの賠償問題では法律や条約を盾に、"すでに解決済み"との主張を徹底して貫くと見ています。また、自衛隊や警察力を強化する方針を取ると予想しているようです。これらは、中韓両国にとって"脅威"のひと言です」(前同)

その橋下氏が目指す外交を具体的に見てみよう。

いま、手元に、同氏が密かに練ったといわれる(現在のところ真偽は不明)『対中・対韓仕分け書』なる行動計画書がある。同計画書には、橋下氏は竹島問題で「遠交近攻の策」を取ると明記している。

「遠交近攻の策とは、中国の戦国時代に取られた戦略の一つで、"遠方の国と親しくして、近い国を攻め取る"外交戦略。つまり、韓国を牽制するため、あえて北朝鮮と接近。韓国の動揺を誘う作戦なんです」(大阪維新の会関係者)

具体的には、06年の北朝鮮ミサイル発射と核実験以来、続けてきた北朝鮮船舶の入港と北朝鮮商品の輸出入禁止措置を解除。それでも韓国の強硬姿勢が変わらなければ、韓国製品の禁輸措置まで断行すると明記されている。

09月05日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.