日刊大衆TOP 芸能

東野幸治に大場久美子、自分のファンと結婚しちゃった芸能人たち

東野幸治に大場久美子、自分のファンと結婚しちゃった芸能人たち

 憧れの芸能人と会って話をすることすら、なかなか叶わないことなのに、世の中にはなんとその憧れの人と結婚してしまった人がいたりする。そこにはどんな出会いのきっかけや交際があったのだろうか。ファンと結婚した芸能人とその馴れ初めを見てみよう。

●柳葉敏郎(54)……とあるゴルフコンペで、柳葉のファンだった妻が連絡先を渡したことで交際が始まり1997年に結婚。一男一女がいる。環境の良い田舎で子どもを育てたいという思いから生まれ故郷の秋田県大仙市に移住し、生活の拠点は秋田に置いて、仕事のあるときに東京へ行くという生活を送っている。地元秋田では地域の活動や行事に積極的に参加していて、周囲から次期秋田県知事に推す声も高いそうだ。

●東野幸治(48)……東野がまだ売れない駆け出し芸人の頃に知り合う。きっかけは女子大生だった現夫人がファンレターを出し、そこに同封されていた写真に東野が注目したため。東野本人の話によれば、毛皮を着ていたので金持ちだと思い電話をした、とのこと。1991年に結婚。2001年に価値観の違いを理由に離婚するも、2004年からは籍を抜いたまま娘たちとともに同居をするという不思議な関係を経て、2011年に再入籍をする。芸人仲間に「人を愛したことがない」「感情がない」などと言われている東野だが、売れない時代を支えてもらったという恩義もあって「奥さんが好きで好きで仕方がない」のだとか。2人の娘はインターナショナルスクールを出ていて、英語に堪能な美人姉妹だという。東野が六本木ヒルズでレディー・ガガ(29)を見かけたときに、一緒にいた娘が流暢な英語で話しかけ、握手をしてもらったという話もある。

●ノッチ(デンジャラス・50)……恐妻家で知られるノッチ。その鬼嫁こと友美夫人はもともとデンジャラスの大ファンで、ライブに通ううちに交際が始まった。しかし2年の交際の後、ノッチに新しい恋人ができたため、つまり浮気のために関係は破局する。その後ノッチはその新恋人と結婚するも、性格の不一致で短期間のうちに離婚。その直後に小田急新宿駅で二人は偶然に再会。交際を再開して2006年1月に結婚した、というのが二人のややこしい馴れ初めだ。ノッチより嫁のほうがお笑いのセンスがある、との評判で、オバマのモノマネを考え出したのは友美夫人なのはよく知られている。恐妻家でキャラで売っていく方向にノッチを導いていったのも友美夫人であるといわれ、鬼嫁は今や芸人の女房の模範だという評価だ。

次ページ >> 東野幸治に大場久美子、自分のファンと結婚しちゃった芸能人たち

東野幸治に大場久美子、自分のファンと結婚しちゃった芸能人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.