日刊大衆TOP 社会

韓流スターも巻き込み大炎上「暴走!日韓罵り合い」狂騒曲 vol.2

『リトルソウル』の通り名を持つ東京・新大久保のコリアンタウン。休日には4万人もの観光客で賑わうようになったこの街に、警察官の姿がチラホラ見られるようになった。
さる8月25日、26日の両日、コリアンタウンで反韓デモが行なわれたのだ。途中、デモ隊と住人らが小競り合いとなり、警察官が仲裁に入る場面もあった。

在日韓国人の商工会幹部が、こういう。
「日本人を含む新大久保の住人は、このデモに大いに迷惑していますよ。この街で働く韓国の留学生も、生活環境が脅かされるし、恐いといっています」

読者の中にも、李大統領の竹島上陸以降、客が激減して閑古鳥が鳴く新大久保の光景を、テレビで見たという人もいるだろう。

そこで本誌取材班はデモ隊が去ったあとの、コリアンタウンを訪れた。
JR新大久保駅を降り立ち、まずはメインストリートの大久保通りを歩いてみる。夜9時近いのに、多くの店は営業中で、人通りは決して少なくはない。韓流スター関連のグッズを販売するショップに入ってみた。店内はそこそこ混雑していて、客の8割は日本人女性という印象だ。ソン・イルグク関連のグッズも、普通に売られていた。

男性店員によると、「お客さんの数? 事件の前も後も変わってないよ」とのこと。閑古鳥が鳴くゴーストタウンを想像していた取材班としては、いささか拍子抜けだ。
ここ数年、新大久保の韓国料理店ではサムギョプサル(豚バラ肉の鉄板焼き)が人気だという。料理店を訪れてみると、ここでも、客の8割は若い日本人女性たちだ。
「例のアレで、やっぱり客足は落ちちゃった?」給仕してくれた男性店員に尋ねると、こんな答えが返ってきた。
「例のアレ? そうそう、去年の地震から、お客さんが減っちゃって大変です」

別に意図して竹島問題の話題を避けている節はない。どうやら本当に、竹島騒動の余波を大ごとだと感じていない口ぶりだ。

来日して6年というバーテンダーに、謎解きをしてもらった。
「韓流ブームも落ち着いたみたいで、お客さんも昨年ほどいないのは事実。日本人のデモがある日は一時的にお客さんは減るけど、またすぐ戻ってきてくれますね」

李大統領の竹島上陸と天皇への侮辱発言などは、普段から新大久保を訪れている若い女性たちにとっては"どこ吹く風"のようだが、一方で、ハタ迷惑と感じている人は少なくない。

新大久保発の韓国人デリヘルで働くアミ嬢(23=仮名)が怒りを露わにする。
「李大統領のせいで、私たちまで危険。"新大久保にいれば大丈夫だけど、韓国大使館のある四谷あたりは、何が起きるかわからないから、行ってはいけない"って噂になってるヨ。李大統領のこと、みんなパボ(馬鹿)だっていってるネ。あの人は金持ちには優しいけど、貧乏人には冷たい、イヤな政治家」

在日韓国人ジャーナリストの李策氏が解説する。
「(李大統領の行動に)迷惑しているというのが、在日社会の正直な感想だと思います。大統領は、人気取りのためにやったといわれていますが、本当に人気に繋がっているのかどうか……。竹島は韓国が実効支配しているわけですから、わざわざ寝た子を起こすような行動を取る必要はなかったでしょう」

隣国のトップが人気取りのためにやらかした愚行に惑わされず、"大人の対応"をしたいものだ。

世界における「韓国人の評判」

昨年10月、AFP通信が報じた『世界50カ国評判ランキング』によれば、日本の12位に対し、韓国は34位。

30代のフランス人女性は「国民すべてがそうだとは思わないが、韓国人はカネに汚く、態度が不遜という印象がある」という。

また、在韓アメリカ人記者は、「彼らには、"偉大な文化はすべて朝鮮半島が発祥"とでっち上げる悪癖がある。かつて日本が寄贈した米・ポトマック河畔の桜の原産が、韓国の王桜だと事実無根の報道が韓国でなされ、多くの人がそれを妄信してるんです」と驚きを隠さない。

もっとも、先日、韓国人女性と結婚した日本人男性にいわせると、「韓国人女性はプライドが高く、感情の起伏が激しいが、率直で、惚れたら一途なところが堪らない」のだとか。

感じ方も人それぞれ?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.