日刊大衆TOP 芸能

歌丸師匠の体調は深刻? 『笑点』の「極秘タブー」全部出し

[週刊大衆01月04・11日号]

歌丸師匠の体調は深刻? 『笑点』の「極秘タブー」全部出し

 てえへんだ! 日曜夕方のテレビに出てる歌丸さんの体の具合が悪いんだってよ。こりゃひと騒動ありそうだ。——2016年5月に放送開始50周年を迎える『笑点』。日曜日の夕方になると、日本テレビ系列局にチャンネルを合わせるお父サンも多いハズだ。その初回放送から現在まで、ただ1人レギュラー出演を続けているのが司会の桂歌丸(79)だが、ここにきて彼の健康状態に関し、さまざまな憶測が流れている。「近年の歌丸師匠は病気がちで、番組を休むこともしばしば。50周年の節目を花道に、司会を勇退するって話がチラホラ出てますね」(芸能ジャーナリスト)

 落語芸術協会会長の重職に就いている歌丸だが、身体は“病気のデパート”状態。過去には脱腸、急性腹膜炎、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患、帯状疱疹(たいじょうほうしん)、肋骨骨折、背部褥瘡(はいぶじょくそう)を患い、15年夏も腸閉塞で入院している。退院後の10月18日に行われた『芸協らくご祭り』に登場したときには終始、車椅子を使用し、顔色も悪かった。

「すっかりやせ細った歌丸師匠を見て、取材陣が“食事は、ちゃんとなさってますか?”と質問すると“いやぁ、すっかり食が細くなって。赤福2個も食べたら、もういっぱいですよ”と、笑いながら答えたものの、現場にいた記者は笑うに笑えなくて、ドン引きでした」(スポーツ紙記者)

 最近の『笑点』は出演者が舞台下手(しもて:舞台に向かって左側)から登場してくるが、実は、これも下手に席がある歌丸の歩く距離を少しでも短くするための工夫のようだ。そんな歌丸だが、落語界からはこんな声が。「歌丸師匠? まだ79歳でしょ。世間ではともかく、落語界で70代は若いほうです(笑)」(中堅落語家)

 実際、過去に『大喜利』メンバーだった三遊亭金馬は85歳。芸協のライバル団体、落語協会の会長を長く務めた三遊亭円歌は87歳だが、2人とも今も元気に高座に上がっている。「歌丸さんの師匠の桂米丸さんに至っては、大正生まれの91歳ですが、この正月も10日間以上、寄席の定席をこなす活躍ぶり。しかも、自作のネタおろしもまだ続けてますからね。米丸さんに比べりゃ、歌丸さんはまだ“ヒヨッ子”ですよ(笑)」(演芸関係者)

 昔から体が弱かった歌丸だが、どうして頭はシャッキリしているようで、「近年は古典落語に精力的に取り組んでおり、8月の国立劇場でも、自らライフワークと呼ぶ三遊亭円朝の怪談噺(ばなし)をネタおろし。口跡(こうせき)鮮やかに演じきっています。『笑点』の司会でも、晩年に“まずは第二問”などと迷司会ぶりを見せた先代の(三遊亭)円楽さんより、よほどしっかりしてますよ(笑)」(芸能記者) 世間の物差しでは計れないのが落語の世界か!?

次ページ >> 歌丸師匠の体調は深刻? 『笑点』の「極秘タブー」全部出し

歌丸師匠の体調は深刻? 『笑点』の「極秘タブー」全部出し

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.