日刊大衆TOP コラム

プチ鹿島的『2015年プロレス大賞』はこの人!

 ファンなら誰もがニコニコしながら考えるであろう2015年の『私的プロレス大賞』。さっそく考えたい。なお、自分が直接会場で観た試合から選びます。

●MVP=鈴木みのる(フリー)……「私的」なことを書かせてもらうと、大技がどんどん進化するこのご時世で、シンプルなプロレスをする人たちにあらためて目を奪われた1年だったのです。でもシンプルは難しい。技術と経験と飛びぬけた才能がいる。たとえば、東スポ制定のプロレス大賞・最優秀タッグの「大仁田&長与」組。選出に違和感を表明する声も少なくなかったが、いっぽうでこの2人の間合いを中心に魅せてゆくファイトはずっと見ていたいと実際に感じる。

 そんななか鈴木みのるです。鈴木選手の試合も引きこまれる。自著『プロレスで<自由>になる方法』(毎日新聞出版)によると、どこの団体に行っても控室のモニターで他のレスラーの試合をみながらこう考えているという。

《「コイツ、なんでここまでやって人気ねぇんだろ?」とか、「あれ、なんでこいつ、たいしたことやってねぇのに人気あるんだろ?」とか思うんだけど、見ていくうちに「あ、これだ」っていう発見があるんだ。それが誰も気づかないような細かいポイントだったりすると、得した気になるんだよね。》

 プロレスの奥深さを思い知る一節である。ということで、年間最高試合も『鈴木みのる vs 杉浦貴(NOAH9・19大阪府立体育館)を選びたい。

●新人賞=橋本千紘(センダイガールズプロレスリング)……日本大学レスリング部出身の初の女子プロレスラー。このコラムでいち早く書きましたが、11月のスターダムとの5対5勝ち抜き戦での「3人抜き」は凄かった。勝ちっぷりもいいけど醸し出す雰囲気にやられた。来年も楽しみ。

 ああ、書きだしたらきりがない。鈴木秀樹の時代を超えた重厚さも、柴田勝頼の名勝負の頻発ぶり(充実ぶり)も、いまプロレス界でいちばんガウンが似合うであろう里村明衣子のことも、去年よりも団体を引っ張っていることがハッキリとわかる紫雷イオのことも、休養を逆に「修業期間」にしてほしい飯伏幸太のことも。書きだしたらきりがない。とにかく心に残ったレスラーは多い。

 そして何といっても今年はこれに尽きるだろう。天龍さんお疲れさまでした。2016年もプロレスが楽しみです。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。



「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)2014年8月7日発売 新書判304ページ





 今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

プチ鹿島的『2015年プロレス大賞』はこの人!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.