日刊大衆TOP コラム

120年前は世界最速!? 第1回オリンピック「100m競走」オドロキの優勝タイム

[週刊大衆01月18日号]

120年前は世界最速!? 第1回オリンピック「100m競走」オドロキの優勝タイム

 近代オリンピックが始まったのは120年前の1896年。第1回はアテネで開催されました。現在のオリンピックは200か国、1万人以上が参加する巨大イベントになっていますが、最初は小さな規模の大会だったようです。参加したのはヨーロッパ中心の14か国。アジアやアフリカからの参加はゼロ。選手数は300人足らずでした。

 第1回アテネ大会には、今では考えられない規定がありました。たとえば、参加できたのは男子選手のみ。女子はシャットアウトされていました。また、この大会では金メダリストがひとりも誕生していません。優勝者に贈られたのは金メダルではなく、銀メダル。2位が銅メダルで、3位はメダルなしでした。金メダルが授与されるのは第2回パリ大会からです。

 アテネ五輪で最初に行われた種目は100メートル競走。優勝したのはアメリカのトーマス・バーグという選手でした。120年前の“世界最速の男”の記録は?

(1)10秒8
(2)11秒5
(3)12秒0

答えはココを押す! 答え :(3)

出題:浜川卓也

120年前は世界最速!? 第1回オリンピック「100m競走」オドロキの優勝タイム

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.