日刊大衆TOP 社会

超能力者・聖徳太子が遺した衝撃予言!「2016年に日本は滅亡する」

[ヴィーナス01月05日号]

辛口運命鑑定
https://gtmr.jp/
禁断泥沼不倫から「本当の幸せ」をつかんだ方法とは?[AD]

超能力者・聖徳太子が遺した衝撃予言!「2016年に日本は滅亡する」

 今年はリオデジャネイロでのオリンピックやアメリカの大統領選挙、日本で行われるサミットをはじめとして、スポーツや政治でビッグイベントが目白押しだ。しかし、世界中に横行するテロリズムや増え続ける難民など問題も少なくない。そんな2016年について、日本の偉人が気がかりな予言を残している。

 その人物の名は聖徳太子。旧1万円札にもその肖像が使われるなど、誰しも知っている人物だろう。仏教を広め、法律を制定し、日本という国の礎を作った人物だ。「実は聖徳太子は予言者でもありました。時の天皇が作った歴史書『日本書紀』に、聖徳太子には“兼ねて未然に知ろしめす”能力があったと書かれています。要するに、何かあることを未然に知ることができたということなんです。そんな聖徳太子は『未来記』『未然本紀』という2冊の預言の書を残したとされています」(歴史ジャーナリスト)

 残念ながら、この2冊は現在、はっきりと形に残っていないのだが、さまざまな文献や人物の伝承の中に、その内容が記されている。その残された内容から予言を紐解いていくと、恐ろしい事実が浮かび上がってくるのだ。<私の死後二百年以内に、一人の聖皇がここに都を作る。そこはかつてない壮麗な都になり戦乱を十回浴びても、それを越えて栄え、千年の間都として栄える。しかし一千年の時が満ちれば、黒龍が来るため、都は東に移される>

 これは、聖徳太子が25歳の時に残した予言といわれている。これには桓武天皇によって794年に平安京がつくられ、以降、1000年にわたり都として栄えることや、黒船(黒龍)の来航、東京への遷都などが見事に予言されているのが分かってもらえるだろうか。さらに、この予言はこう続くのだ。

<その二百年の後、クハンダが来て、東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう> その意味するところは、「クハンダとはクバンダとも言い、人の精気を吸う鬼神で、その姿は身長3メートルで、黒い肌をした馬頭の人間の姿をした怪物とされています」(前同) 真っ黒く巨大な禍々しい怪物……あの東日本大震災での原発事故による放射能汚染や核兵器、そして火山の噴火などを想像せずにはいられない。

 そして『未来記』の記述では、天下が乱れたとき<東魚来たりて四海を呑む><西鳥来たりて東魚を食う>などというものがある。現代の世界情勢に照らし合わせ、東魚を中国として捉えれば、これが現在の南シナ海などの問題が浮かび上がってくる。また、イスラム国などの勢力と考えると、中東情勢を示唆していると推測できる。さらには西鳥をアメリカ(国章は白頭鷲)と見ると、米中戦争の構図や西側世界とイスラム勢力との激突をも思わせる。

 聖徳太子は<釈迦の没後二千五百年頃に、日本にかつてない破局が襲ってくる>とも残している。釈迦の没年には多くの学者が諸説唱えているが、その2500年後は、まさに2016年となる研究もある。——日本の歴史上、最大の偉人とも言うべき聖徳太子。彼の予言は来年、的中してしまうのだろうか?

超能力者・聖徳太子が遺した衝撃予言!「2016年に日本は滅亡する」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


  • 禁断泥沼不倫から「本当の幸せ」をつかん…

注目キーワード


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.