日刊大衆TOP 芸能

ジョン・レノンだけじゃない、日本人女性と結婚した海外のミュージシャンたち

ジョン・レノンだけじゃない、日本人女性と結婚した海外のミュージシャンたち

 日本女性を見初めて結婚した海外セレブの中でも、特に多いのがミュージシャンだ。有名なところではオノ・ヨーコ(82)と結婚したジョン・レノン(40没)。その他にも意外なミュージシャンが、日本人女性と国際結婚をしている。

●ポール・ロジャース(66)&野添真智(不明)……イギリス人、「フリー」「バッドカンパニー」などのボーカル。野添真智には双子の姉、大映テレビプロデューサーの野添和子と、川口浩(51没)の妻で女優の野添ひとみ(58没)がいる。1974年にポールが夫婦で来日したとき、和子に世話になったため、そのお返しにと、彼女がプロデューサーを務めていた、刑事ドラマ『夜明けの刑事』(TBSテレビ系)の挿入歌「yoake no keiji」を無報酬で作詞・作曲し、自ら歌った。ちなみに、同番組のエンディング曲『でも、何かが違う』と『何処かで失したやさしさを』の作詞・作曲は、妻の真智(クレジットはマチ・ロジャース)だ。2人は長女と長男をもうけたが、離婚してしまった。

●レスリー・マッコーエン(60)&月岡啓子(不明)……イギリス人、1974年から1978年にかけて、一世を風靡したバンド「ベイ・シティ・ローラーズ」のリードボーカル。ロンドンのレストラン「ミモザクラブ」のイベントで月岡と出会い、求婚。1983年、ロンドンの教会で結婚を挙げたが、日本でも月岡が文金高島田、レスリーが丸坊主の羽織袴という姿で仏前結婚式を挙げた。1992年放送のクイズ番組『なるほど・ザ・ワールド』(フジテレビ系)にゲスト出演したとき(当時36歳)、月岡は通訳として一緒に出演。彼女は『レスリーのファンではなかった』と語り、8歳の息子、ジュウベイも登場した。さらにスタジオでレスリーはヒット曲『サタデーナイト』を歌い、息子はギターを弾いて見せた。

●マーティン・フリードマン(53)&奥田日和(44)……アメリカ人、ギタリスト。1990年にヘヴィメタルバンド「メガデス」に加入。音楽の方向性の違いなどにより1999年に脱退。1987年頃に初来日したときから、日本に興味を持ち、通信教育で日本語を勉強。2004年、仕事もなにも決まっていない状態で日本へ移住した。JーPOP、演歌、歌謡曲などジャンルを問わず日本の音楽を研究し、さまざまな歌手の楽曲に参加している。奥田日和はチェロ奏者で、2人の出会いは2009年5月の音楽番組「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)の収録だった。同年12月の誕生日パーティーの場で、友人たちに結婚を報告した。

●リヴァース・クオモ(45)&イトウ・キョウコ(不明)……アメリカ人、ボーカリスト。1992年にオルタナティヴ・ロックバンド「ウィーザー」を結成。2ndアルバム『ピンカートン』のジャケットに歌川広重の作品を使用するほどの親日家だった。2006年にハーバード大学を卒業すると、大学在籍中に知り合った日本人女性と、交際期間8年を経て結婚。夫人の実家がある熊本県を年に数回は訪れていて、ショッピングモール「ゆめタウン」内で作曲をしたり、熊本のゆるキャラ「くまモン」とイベントで『くまモン体操』を一緒に踊ったこともある。また、2012年には構想5年を費やし、シンガーソングライターのスコット・マーフィー(36)とともに、全曲日本語でオリジナルアルバム『スコット と リバース』を制作した。

 他には元Mr.BIGのギタリスト、ポール・ギルバート(49)も日本人女性と結婚している。またギタリストのリー・リトナー(63)は杏里(54)と婚約するも、結婚には至らなかった。ミュージシャンの中には親日家が意外と多いもの。憧れのスターと結婚できる可能性は、ゼロではないかも?

ジョン・レノンだけじゃない、日本人女性と結婚した海外のミュージシャンたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.